釣り 釣り道具

クーラーボックスを汚したくないなら厚手のポリ袋がおすすめ!ブリパックより安くて代用にもOK?

投稿日:

 

最近Amazonプライムビデオにある「メイドインアビス」にハマっており、2巡目に入ったチープです!

 

皆さん魚を持って帰る時にクーラーボックスに魚を入れて持って帰るかと思いますが、直接入れるとクーラーボックスが汚れて洗うのが面倒じゃないですか?

一軒家等だといいのですが、マンションやアパート等の集合住宅、特に一人暮らし用だと、クーラーボックスのような大きいものってなかなか洗うのが大変だったりします。

 

そんな時に役に立つ、魚を入れるのにちょうどいい袋が見つかったので紹介します。

これなら魚を入れてもクーラーボックスが汚れる事無く後の掃除も楽ですよー!

厚手のポリ袋を使えば魚を入れたクーラーボックスも汚れない!

厚さ0.1mmのポリ袋を買ってみた!

ポリ袋やゴミ袋って厚さが結構違うんですね…。(調べててビックリ)

普通の袋は厚さが0.03〜0.045mm程。

特厚の表示があるものでも0.05mm

 

う~ん特厚でも普段使っているのとそんなに変わらないので、もう少し厚みが欲しい…。

100均とかに売ってあるような袋では魚のヒレや棘、または大型の魚になった場合にどうしても重さで破れてしまい、汚れや臭いがクーラーボックスに付いてしまいます。

 

で!探していたところ厚さ0.1mmというポリ袋をAmazonで発見!

厚手と謳う他の商品よりも2倍近い厚さなので頑丈とは思うが、0.1mmって薄くないの??と疑問…。

 

とりあえず注文。

 

 

見た目じゃ分からないが0.1mmはのポリ袋は結構厚い!

どどん!

という程のものでもありませんがとりあえず言ってみました。

 

サイズは全部で20L、45L、70L、90L、120Lの5種類があり、今回は45Lのサイズを購入。

0.1mmってどうなの?と思ってみましたが、実際に触ってみると…

 

 

おぉ…厚い!

 

 

「これだよ求めていたのは!」という感じです。

 

どのサイズも10枚入り

45Lは横650mm✕縦800mm。(¥652で1枚あたり約¥65 Amazon価格参照)

70Lは横800mm✕縦900mm。(¥1064で1枚あたり約¥106 Amazon価格参照)

この辺りがよく使うサイズでしょうか?

 

1枚あたりは普通の袋に比べて安くはないのですが、破れないので洗えば再利用もいけそうです。

魚を入れても破れない丈夫さ!そしてクーラーは綺麗!

先日ジギングに行ってきたのですが、この日はよくあたり船中20本、個人で7本(内1本リリース)の2〜3kgちょいのヤズ。

2本は同船者に渡して4本の持ち帰り。

ヤズ4本を1枚の袋へ。

下から支えてることもなく、そのまま袋の上部を持ち上げてクーラーボックスに入れますが、全然破れる気配なし…強い!

これだと臭いや汚れが移らないだけでなく、魚と氷が直接触れないので氷ヤケもしないので一石二鳥です。

(もちろん帰宅後も破れや漏れは見当たりませんでした)

持っていく時はコンパクトに忍ばせて…

袋が1枚で済むので、タックルボックスに入れやすいです。

小さく畳んで、フックやリング等を入れいている100均のビニールの小袋へ。

ちょうどいいくらいのサイズで入りました。

ブリパックが高いと感じている人は代用品にいいかも?

帰ってクーラーボックスを洗うのが面倒くさい人にはおすすめの袋。

何キロまで破れずにいけるのかはわかりませんが、今回使った感じからするとかなりの重さまで耐えることが出来そうです。

 

ちなみにブリパックという大型の魚を入れる袋があるのですが、サイズは横330mm✕縦1100mmの4枚入で¥1050。1枚あたりは¥262

 

それに対して今回紹介している袋の90Lタイプは、横900mm✕縦1000mmの10枚入りで¥1318。1枚あたりは約¥132。

(両商品ともAmazon価格参照)

 

どちらも厚さは変わらずに0.1mm。

 

 

ブリパック高い…。

 

 

袋自体のサイズが業務用の方が大きくなるのでかさばってしまうのですが、2倍近い値段の差は大きいですね…。

 

魚を入れる袋を探している人にはこちらの商品おすすめですよー!本当になかなか破れずに便利です!

さらに厚い0.15mmのタイプもあります。)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣り道具
-,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 AllRights Reserved.