その他 気になる・気に入ったもの

これすごい!がまかつのウロコ取りは飛ばない・散らない・取りやすいの使って納得の高評価アイテム!

更新日:

魚を捌く時の一番嫌いな作業は?と聞かれた時に、おそらく多くの方が答えるであろう鱗取り。

 

飛び散って周りが汚れるわ、固くてなかなか取れないわ、排水口詰まるわでもう大変…

 

ちーぷ
鱗がサクサク取れて、飛び散らない鱗取りってないのかな…

 

 

 

 

 

…あるんです!!

 

 

ということで、今回は便利な鱗取りを紹介。

有名なアイテムなので知っている方も多いとは思いますが、知らない人は参考にどうぞ!

釣り人以外にもオススメ!がまかつのうろこ取り

鱗が綺麗に取れて周りも汚れないうろこ取り

釣具メーカー「がまかつ」から出ているうろこ取り。

これが本当に便利なんです。

 

各レビューでも高評価で、釣り人からも人気が高いアイテム。

その理由は真鯛などの硬いうろこでも綺麗に簡単に取ることができるのと、周りに飛び散りにくくなっているため。

 

壱岐に行った時に「みなとやゲストハウス」のオーナー・大川漁志さんからオススメされて、試しにお借りして使ってみました。

 

すると…ヒラスズキの鱗がスルスルと取れていって…

ちーぷ
こ…これってこんな便利だったんかい!!

帰宅後早速購入して、今では愛用者の一人に。

うろこが取りやすいだけでなく、飛び散りにくく周りが汚れにくいのは本当でした。

こんな感じでうろこが取れる!

真鯛

まずは鱗取りに苦戦する魚の定番で難敵の真鯛。

大きくて硬い鱗はなかなか取りにくく、終わった後は色々な場所へ鱗が飛び散っている場合も多いのではないでしょうか?

 

そんな時はがまかつのうろこ取り

先日知り合いが真鯛を釣った時に使ってもらいました。(自分は撮影係)

以前から気になっていたということで、早速試してもらうと…

こんな感じで鱗がダダァーっと重なって綺麗に削ぎ取る事ができます。

魚体と鱗の隙間に入って行く感じ。

気持ちいいくらいに纏まって取れる。

通った後に道ができるうろこ取り。

ガリガリと鱗を剥がす通常の鱗とりとは違って、周囲への鱗の飛び散りは格段に少ないです。(多少はあります)

細かい箇所もこの通り。

強敵であるはずの、あの真鯛がちゃちゃっと終了です。

クエ

なんとこの日はクエも釣れてしまったので(もちろん自分ではない)、クエの鱗も取ってみました!

クエと言えば細かい鱗と、ヌルヌルとした魚体で少しやりにくそうですが…どうでしょうか…?

 

 

 

はい!!ご覧の通り!(TVショッピング風)

綺麗に削ぎ取っていってくれています。

こちらも殆ど飛び散らずに取る事ができました。

高評価も納得の便利アイテム!

鱗が飛び散りにくい

綺麗で簡単に鱗が取れる

魚体に傷がつかない

ステンレス製なので錆びにくい

纏まって取れるので捨てやすく、排水口が詰まりにくい

感想をまとめるとこんな感じでしょうか?

 

2サイズあり、今回使用しているのは大きいサイズ(GM-1314)

細かい部分は少し取りにくいのですが、ミニサイズ(GM-1315)の方であればそういう場所でも取りやすいかと思います。

(実はオススメされていたのはミニサイズの方)

 

 

 

実売価格¥1800〜¥1900前後で、うろこ取りなのにちょっと高いんじゃない?と最初は感じましたが…使ってみるともう手放せません。

 

がまかつから出ている動画内で実演されていますが、実際もこんな感じでとれます。


ただし、個人的には青物には使いにくかった印象で、真鯛やイサキ、シーバスなどの比較的ウロコがしっかりしている魚にはすごくオススメです。

釣り人だけではなく、家で魚を捌く機会が多いけど、鱗取りを面倒に感じている人にも是非勧めたい。

 

「これ気になっていたんだよねー」という方は是非参考にどうぞ−!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-その他, 気になる・気に入ったもの
-

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.