釣り 釣り道具

オフショアジギングリールのオススメ!コスパの良いジギングリール5選を詳しく紹介!

更新日:

dsc_0566

 

最近よく聞かれるのがオフショアジギングに使うリール。

一旦青物の引きを味わうとやっぱり揃えたくなってしまいますよね‥(自分もそうでした。。。)

 

今までは選択肢が少なかったオフショアジギング用のリールも、現在は選択肢が増えてきています。

入門用の安いモデルも出てきているので、今回は「オフショアジギング対応のコスパの良いリール」を紹介していきますよー!

オフショアジギングリールでコスパ抜群はこれ!

今回紹介するリールは全てスピニングリール。

理由はスピニングリールの方が、扱いに慣れない内のトラブルの少なさやキャストにも対応できる為。

最初の1台にはスピニングリールの選択の方が無難なので、こだわりがなければジギングリールにはスピニングの選択がオススメです。

DAIWA(ダイワ) BG

ダイワの入門用青物ジギング対応リール

ダイワがリリースする低価格帯のジギングリール。

メーカー価格が14000円、実売価格が10000円前後のと手に取りやすい価格が魅力の入門用機種。

といってもスペックは十分でコストパフォーマンスがいい1台。

screenshot-2016-11-30-at-22-22-40

4000番以上であればドラグ力、糸巻き量、巻き取り長さどれもオフショアジギングで使える性能ですね!

なんと言っても4500番以上のサイズがこの価格で出たのが、ユーザーとしてはありがたい。

 

また、ドラグシステムがUTDではなく、ダイワの最新ドラグシステムのATD(オートマチックドラグシステム)になっています。

下の比較動画を見るとATD…しっかりと青物の強烈な引きにも対応してくれそうです。

マグシールドは非搭載ですが…この辺は好みもありますね。

ハンドルノブの交換もできないので注意が必要です。


SHIMANO(シマノ)スフェロス SW

シマノの入門用ジギングリール

こちらはSHIMANOがリリースしております低価格帯の青物ジギングリール。

screenshot-2016-12-02-at-18-30-20

上のダイワBGとサイズ、スペック、価格は殆ど同じでコンセプトも同じ大型SWリールの入門機としての立ち位置。

最大ドラグはスフェロスの方がスペック上は上ですが、使ってみると同じ最大ドラグ値のものだとDAIWAの方が実際ドラグが強かったりするので、おそらく同じくらいではないでしょうか?

 

こちらのスフェロスが14年モデルに対して上のBGは16年モデル。

BGの方が新しいので基本性能は上がっているかもしれませんが、BGは防水性能は全く謳っていません。

反対にスフェロスはSHIMANOの最上位機種のステラにも搭載されている「X-SHIELD」、「X-PROTECT」を両方搭載しているので、防水性能はこちらが上のようです。

 

波を被ることが多いオフショアジギングでは、防水性能を求める方も多いので、そういう方にはBGよりもスフェロスが良さそうです。

 

DAIWA(ダイワ) ヴァデル

マグシールド搭載のオフショアエントリークラスリール

お次はDAIWAのヴァデル。

BGの一つ上のランクのリールで、実売価格は14000円前後。

 

しかしこちらはサイズが4000番までに加えて、ドラグが一つ前の世代のUTDです。(BGより少し古いモデルのため)

screenshot-2016-12-02-at-19-17-33

しかし、なんといってもヴァデルにはDAIWAイチオシの「マグシールド」を搭載。

防水性能は海水をかなり被ることの多い、オフショアの環境で大切なリールを長持ちさせる為に重要なポイント。

 

 

また、ハンドルノブは標準でラウンドノブがついているので、青物とのパワーファイトでも力が入りやすくなっています。

大型のカンパチやヒラマサではなくシイラやブリ、カツオ等が対象であれば、価格、性能的にも充分な1台。

 

Tailwalk(テイルウォーク) KUROSHIO 43PG

同価格帯のリールの中で最高のコスパのクロシオ

個人的に最もオススメな、オフショアジギングリールのTailwalkのクロシオ43PG。

screenshot-2016-12-02-at-19-56-39

近海ジギングで5kg前後の青物を対象にするならちょっとサイズは大きくなりますが、大型青物をメインターゲットにする場合、サイズはちょうど良くスペックも十分で値段も実売価格16000円前後と、この手のリールの中では抜群のコスパ。

ジギングで使わなくなっても、キャスティングゲームに流用できるのでその辺を考えるとかなり高コスパな一台です。

 

PE4号が300m以上巻けて、ドラグも10㎏以上、糸巻き量/1回転も93cmでまさにオフショアジギングにうってつけのリール。

ジギングリールを検討している方は、DAIWA、SHIMANOだけではなくこちらも選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか?

 

実際に半年間使った感想:「1万円代後半で高性能・高剛性のリール!クロシオ43PGはジギング入門に最適!」


※追記 クロシオ43PGXに新しくモデルチェンジになりました。(下のリンクは新しいモデル)

 

 

OKUMA(オクマ) アゾレス

海外での実績は抜群の大型スピニングリール

最後はちょっと変わり種。

大物釣りやトローリングで、海外では有名なOKUMAの大型SWスピニングリール。

screenshot-2016-12-02-at-20-40-02

実物を触りましたが、かなり剛性は高そうです。

ただ、レビュー記事もなく、周りも使用者がいないのでなんともいえませんが、遊漁船のレンタル道具で買っていく船長さんも多いようです。

 

唯一見かけたレビューはエイテック繋がりからであろうこの記事

見た目がメタリックブルーと少々目立ちますね。。。

 

オフショアジギングのリールのオススメまとめ

オフショアジギングに使用するリールはDAIWAならソルティガ・キャタリナ、SHIMANOだとステラ・ツインパワークラスがいいのはもちろんですが、ロッドも加えた上で揃えるとなると、金額的になかなか入りにくい世界なのが実際のところ。

 

しかし、最近のリールは性能も上がっており、エントリークラスのリールでも青物の強烈な引きに負けることなく、しっかりとキャッチすることができます。

初めは低価格帯の、入門用リールから始めるのも悪くはないのではないでしょうか?

 

「最初からこれを買っとけば、後から買い替えなくていい!」というのもありますが、個人的には「やっていくうちに好みとこかも出てくるかもよ?」という派。

自分の好みが分かった上で道具を選択すれば、案外上達も早くなる‥‥かも??

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣り道具
-, , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.