釣り 釣行記

初挑戦の北九州の響灘。ジギングで久しぶりの10kg超えのヒラマサをキャッチ!

投稿日:

北九州響灘でジギングで出た10kg超えのヒラマサ

 

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

先日は釣友に誘われ、初めて北九州から出船する船に乗ってきました。お世話になったのボートは”アミューズメントボートひよこ”というユニークな名前の遊漁船。セブンスライドで有名な”遊漁船セブン”の宮崎船長の娘さんの船のようで、珍しい女性船長の遊漁船でした。

 


今回が初めての響灘での釣りに加えて、初めての女性船長の船!いつもと違う環境に、ドキドキの釣行がスタートです!

強風の響灘でジギング!10kgオーバーのヒラマサをキャッチ

SLJと思っていたら…青物の回遊の情報が

事前の情報では青物はあまり調子が良くないようで、メインはイサキや根魚などを狙うSLJ(スーパーライトジギング)になりそうということで、釣具のポイントにてオリジナルの格安ジグのランダムウォークを購入。

SLJ用に準備したタカミヤのランダムウォーク

ちーぷ
イサキと根魚だしやっぱり定番のグリーンゴールドかな?

などとウキウキでジグを選んでいたら前日に急遽青物狙いのジギングメインでという連絡。それもそれでウェルカム!大きな青物用のジグも用意して翌日に備えます。

 

事前に当日の予定しているエリアの水深や最近の情報を教えていただいていたので、想像を膨らませていたらあっという間に釣行日です。

北九州アミューズメントボートひよこ

港で道具を降ろしていると、隣で出船準備中の宮崎船長さんから話しかけていただき、「ヒラマサ回ってきてるよ!2〜3kgがメインだけど8kgくらいのもいるよ!」というホットな情報が!

ちーぷ
淡い期待を持ってしまう…!

爆風で全身に波を被りながら出船

予報の通りの強風の天候で、ボートの形状も相まって波をたっぷり被りながらポイントに到着。

波を被りながら出船

150gのジグをセットし、水深は40~50m前後のエリアをドテラで流しながらシャクっていきますが、風でボートが流さるためラインがどんどん前方に流れていきます。回収をこまめに行いシャクりますが、なかなか皆さん竿が曲がりません。

途中から雨も降ってきて、季節外れの涼しい天候になってきたところでグイッと引っ張られるアタリが!なかなかサイズいいかも…と思いファイトに入ろうとしたところで、すぐにフックアウトォォォ…。

ちーぷ
やっちまいましたわ…。

青物はバラすと他の魚散ってしまいますからね〜と船長さん。ポイント移動をすることに。

ちーぷ
本当にすみません…すみません…。

バッシャバシャと波を被りながら移動をして再トライです。

久しぶりの止まらない魚の走り…!響灘のヒラマサの登場

全身で波をかぶり移動

波なのか雨なのかわかりませんが、全身ずぶ濡れになりながらポイントに到着。じゃんじゃんジグが流される状況で、着底が少々分かりにくいタイミングもあったためもう少し重いジグに変更しようかと悩みますが、魚からの反応もあったのでとりあえずそのままで行くことに。

ちーぷ
迷いがあると迷走しちゃいますしね…。

しかし、そんなこちらの思考が魚に通じるわけはなく、黙々とジグをシャクる時間が過ぎていきます。周りでは魚が掛かっていますが、エソやカナトフグばかりで本命までは遠い雰囲気。

雨と風の悪天候+反応なしの状況で、断ち切ったはずの悩みがフラフラと頭の周りに浮かんできたかと思えば、ルアーを変えようかな…SLJしようかな…などという邪念も新たに登場。

 

し!か!し!

信じる者は救われます…!

 

ドンッ!!

とロッドに重量感のある重みが乗り魚がヒット!

何度か巻いたところから魚が走り出し、ただただこちらは耐えるだけ。少し上の方で掛けたため、少し心に余裕をもっていましたがなかなか止まらない…。船長さんへ地形と水深を確認し、魚が止まったところでドラグを少し締めてファイト開始。

ショートポンピングで一巻きでも多く巻いて、それ以上にラインを出される。魚が止まったら再度少しでも寄せる…走られる…。を繰り返して、魚が疲れてきてある程度ボトムが切れたので一安心。

ちーぷ
これはなかなかのサイズでは??

バラしたくない緊張感と、ラインの先にいる魚のサイズ感への期待による高揚感でなかなかの言い表し難い気分で…楽しぃぃーーー!

まだまだ魚は体力を残しており、ある程度上がってきても走る状況から油断はできませんが、久しぶりの良型青物(かもしれない)とのファイトを満喫!いよいよ見えてきた魚体は想定よりも大きく、1mは超えていそうな立派なヒラマサ!

良型ヒラマサを無事ランディング

メーターオーバーのヒラマサ

「これは10㎏超えてるでしょー!」という周囲の声に期待感も高まりますが、まずは一旦写真の撮影。

北九州響灘でジギングで出た10kg超えのヒラマサ

パシャパシャと写真を撮ったらお待ちかねの測定タイム。

撮影が完了したら釣れたヒラマサの重量測定

記録は105㎝、重さは血抜き後で約10.5㎏(帰港後改めて計測)。

ちーぷ
今回の釣行は2~3㎏の青物を想定していたけど…嬉しい誤算!

久しぶりの楽しいファイトといい魚に思わずやったー!\(^o^)/と←こんな感じに。

測定後は船長さんによって、しっかり締めて血抜きをしていただけました。

船長さんに運ばれるヒラマサ

すぐに船長によって絞められるヒラマサ

大切なのは続けること?再びヒット!

その直後同船者がサゴシを釣り上げましたが、そこから長い沈黙が始まり魚が釣れても相変わらずエソやフグ…。釣れない時間が続くため、各々SLJに切り替えたりキャスティングで投げてみたり、休憩で昼食タイムになったりという感じで皆さんそれぞれの方法で魚へのアプローチ?を試みます。

 

そんな時間も私は特に引き出しもないのでジギングを続けると…、やっぱりジギングで大切なのは続けること?なのか再度ヒット!

なかなかの重さが竿先から伝わりますが…引かない…?と思ったらスレでした…。

2本目は小型のヒラマサ

でもヒラマサ(ヒラゴ)で御の字ですね。ありがたや〜。

 

その後は周りの同船者のSLJのロッドにラインブレイクがあったり、マゴチを追加したりとありましたが、風が強くなってきたのでストップフィッシングとなりました。

福岡県内の釣りもまだまだ未体験がたくさん

今回乗船したアミューズメントボートひよこ

久しぶりに想定外にいい魚が釣れて\(^o^)/←こんな感じの釣行となりましたが、初めての海域を楽しむことができました。北九州の響灘どんなとこなんだー?と思っていましたが、工業地域の風景を見ながらヒラマサを釣るのが新鮮。

事前情報が厳しめだっただけに正直釣れるか不安でしたが、終わってみればなんとやら…改めて新しい場所に行くのは楽しいなと。

 

県外移動が制限されてなかなか自由に移動もできませんが、まだまだ県内でも未体験のものは多いですね!福岡内の釣りをもっと楽しめるように北九州方面ももっと勉強しないと!また響灘に遊びに行きたい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣行記
-, , , , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2022 All Rights Reserved.