ワークマン 冬物

ワークマンのエアロストレッチブルゾンを購入。動きやすい・軽い・コンパクトでミドルレイヤーとして愛用中。

更新日:

 

ワークマンのエアロストレッチブルゾン

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

毎度の釣行の度に悩む防寒着。

動かなければ寒いし、動けば暑くなる…。

レイヤリングを考え、暑い時は脱いで調整ができるようにしていますが、防寒ウェアは当たり前ですがかさばるものが多め。

そんな時にふと思い出したのが、ワークマンの人気防寒ウェアの「エアロストレッチブルゾン」。

今シーズンのモデルから、ポケッタブル仕様(コンパクトになる)になっていたので、早速購入しましたが、これがなかなか目的の使い方にハマってくれました。

人気商品のため、もうすでにお持ちの方もいるかと思いますが紹介していきます。

ワークマンのエアロストレッチブルゾンの特徴

ワークマンで高い人気を誇るエアロストレッチブルゾン

エアロストレッチブルゾンのタグ

中綿入りで暖かく、さらに撥水・軽量・防風・動きやすいとよくできているブルゾン。

毎シーズン大人気で、TVやネット記事などでワークマン特集がある際に、よく取り上げられているのを見かけます。

同シリーズでレディースやフード付き、ベストなどいくつかの種類が派生して出ているのも、その人気の高さが分かります。

ワークマンらしい価格と機能性の軽量&動きやすいブルゾン

伸縮率130%のストレッチ性と可動性の高い裁断で動きやすい

軽量

制電抑制加工

中綿入りによる保温性

防風性と撥水性で雨風に強い

ポケッタブル仕様でコンパクトに持ち運べる

価格は税込み¥2900

2016年頃からリリースされ、今シーズンのモデルからコンパクトに収納できるポケッタブル仕様にアップデート。

カラーバリエーションはブラック、シャンブレーネイビー、シャンブレーグレー、ライムイエロー、バーガンディレッド、ミッドブルー、ハンティンググリーンの全7色。

 エアロストレッチブルゾンの使用感と購入の理由

実際にエアロストレッチブルゾンを着用してみた

ワークマンのエアロストレッチブルゾンの正面

175cm/73kgでLサイズを着用(カラーはシャンブレーネイビー)。

中に着込むならLLサイズでしたが、ミドルレイヤーとして使うことを想定していたため、Lサイズを選択。

ワークマンのエアロストレッチブルゾンの着用横

真冬の宮崎釣行ではベースレイヤー2枚・エアロストレッチブルゾン・アウターにR-600レインウェアを着用し、夜明け前〜昼前まで釣りをしていました。(宮崎の夜は放射冷却の影響なのか毎年寒い…!)

少々寒さは感じますが我慢できないほどではなく、薄めの生地の印象でしたが保温性能は充分。

ものすごく暖かい!というほどではないため、極寒地でのアウターとしては少々物足りないかと思いますが、ミドルレイヤーにちょうどいい感じです。

ポケッタブル仕様が購入の決めて

ポケッタブル仕様になるエアロストレッチブルゾン

数年前に発売されて以来、数あるワークマンの防寒ウェアでも高い人気を誇る「エアロストレッチブルゾン」

ちーぷ
中綿入りで暖かいだろうし、動きやすくて軽いならいいのでは?

と思っていましたが、どうしても気になる事が…。

それはウェア内に汗がこもることによる蒸れ。

 

ルアーフィッシングの特性上動き回ることが多く、エアロストレッチブルゾンだと絶対蒸れるだろうと思い、購入を今まで見送っていました。

しかし、今シーズンから内ポケットのサイズが大きくなり、そこに畳んで収納できるように進化。

エアロストレッチブルゾンの内ポケットへの収納方法

要するにコンパクトなサイズにまとめることができます。

ちーぷ
付属の袋を持ち歩く必要がなく、内ポケットに収納というのが便利!

正直ポケッタブル…というには少々大きい気もしますが、それでもコンパクトにまとまるのはありがたいです。(もう少し小さく圧縮できそうな気もしますが…)

エアロストレッチブルゾンを内ポケットへ収納

1Lのナルゲンボトルとサイズ比較。少々雑に畳んでも簡単に収納ができます。

これで暑くなっても、ブルゾンを脱いで温度調節がしやすくなります。

釣行中の場合だと、フローティングベストの後ろのポケットや、タックルボックス、リュックなどに入れることができるかと。

フローティングベストの後ろポケットに入るサイズ

分かりやすいように出していますが、きちんと入ってファスナーまで閉まります。

宮崎釣行中、暗い内は冷えるためエアロストレッチブルゾンを中に着込んで、暑くなれば脱いでフローティングベストのポケットへ入れて、サーフを歩き回っていました。

各所の砂浜を見て回る

ワークマンのエアロストレッチブルゾンのいい所・イマイチな所

軽量で動きやすくミドルレイヤーとして愛用中

ストレッチ&中綿の調整&アクティブカットで動きやすい

Lサイズで約500gと軽い

ポケッタブル仕様でコンパクトになる

軽量で動きやすく、さらに温度調節で脱いでもかさばりにくく収納しやすいエアロストレッチブルゾン。

ミドルレイヤーとして使いやすく、気に入って愛用中。

暖かさとコンパクトさが少々物足りず…

透湿性が低く、動いていると汗がこもりやすい

保温性・コンパクトなサイズ感…どちらももう少し

私の使用する環境では、汗で蒸れてくるようであればすぐに脱いでしまえばいいので、そこまで気にならず。

逆に特徴であるはずの保温性とポケッタブル仕様によるコンパクトさは、どちらも少々物足りない印象。

誤解が無いように言いますが、あくまで極寒期にこれ一枚だと物足りないだけで、保温性はしっかりあります。

ポケットへ収納後のサイズに関しては、もう少し小さく圧縮できる気がしますが…どうなんでしょうか?

ワークマンのストレッチブルゾンは安価なミドルレイヤーにおすすめ

エアロストレッチブルゾンの反射プリント

小さいニーズを拾いシーズン毎にアップデートされ、痒いとこに手が届く製品になっていくワークマンは凄い…。

毎年人気商品であったエアロストレッチブルゾンも、今シーズンからポケッタブル仕様になったのは非常にありがたく、次はどんな手が加えられるのか楽しみです。

若干の物足りない部分はあるものの、¥2900という価格を考えれば正直充分過ぎですし、安価なミドルレイヤーを探している方にはなかなかいい選択肢になるのではないでしょうか?




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ワークマン, 冬物
-, ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2020 All Rights Reserved.