その他 ワークマン

ワークマンの防水リュックより高コスパ!格安の防水リュックを買ってみた!

更新日:

格安防水リュック

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

最近周りでワークマンの防水リュックを購入する釣り仲間が多く、使用した感想も総じて好評のため、自分も買ってみようと思いましたが、調べてみると他メーカーでも同じようなアイテムが多くありました。

ちーぷ
どうせなら他の物を…

…と思い早速購入。

 

おそらく中華製の防水リュックですが、これがなかなかいい感じ。

値段的にもワークマンの防水リュックの半額ほどで購入できて、作りもしっかりしてておすすめできそうなのでちょっと紹介していきます。

ワークマンの防水リュックにも負けない中華?な防水リュック!

格安防水リュックのスペック

格安防水バッグ

サイズ:縦57×横33×幅17センチ

容量:25L

素材:PVC生地

価格:¥1500~¥2300前後

縫い目がないようにウェルダー加工で仕上げているため、防水性が高くなっているようです。

アマゾンや楽天では¥1990~¥2300前後で販売されており、Aliexpressでは¥1500程だったので今回はそちらで購入。

大体2週間ほどで到着しました。

 

Amazonや楽天でも金額はそこまで変わりませんし、数日以内には到着するので、そちらでの購入が良さそうですね。

外観

カラーはいくつかありましたが、黒を選択。

でもよく考えれば、磯などで目立ちやすいように黄色などの視認性のいいカラーにすればよかったと後悔…。。。

 

「water proof bag 25L」と表記がデカデカと入っており、少々見た目がイマイチですが、あくまで”釣りのための道具”なんでまぁいいでしょう。

防水リュックのロゴ

開封はジップタイプではなくロールアップタイプ。

開封はロールアップで行う

ジップだと海水による錆びや塩ガミ、浸水が心配ですが、これだとそのへんの心配もなく破損もなさそうです。

両サイドにバックルがあり、しっかりと閉じることができます。

サイドのバックルで止める

ショルダーベルトは、購入前の画像を見る限りしっかりしてそうに見えましたが、決してそんなことはなく薄くペラペラです。

ショルダーベルトは薄くてペラペラ

値段なりといったとこでしょうか。

¥1500という値段を考えれば全然問題なし。

 

フロント部分には、小物を入れるにはちょうどよさそうな小さいポケットが付いており、ちゃっかり止水ジップが使われています。

防水リュックのフロント部分には止水ジップ付き

格安の防水リュックの使用感は…?

お値段以上の使い心地

何度か使用してみましたが、現在特に気になるような問題はありません。

実際のサイズ感

くるくると丸めれば、コンパクトになるのが意外と便利。

折りたたんでコンパクトになる

殆どの釣具なら十分に入る大きさで、厳冬期の防寒着(イージスオーシャン上下)を入れると8割くらいが埋まる容量。

多くの荷物は入らない

唯一気になるのはベルト部分

ベルトが薄くてペラペラのため、長時間背負った場合は気になるかもしれません。

唯一気になるベルト

あとはこれといったものは気にならず、この価格帯で購入できるのであればコスパは高いと言えそうです。

磯やゴロタでの釣りの必需品

地磯で釣れた青物とヒラスズキとアオリイカ

この釣行の時に青物が釣れて、磯から戻る時にストリンガーにぶら下げて戻りましたが、動きづらくて大変でした…。

他にもゴロタ浜での釣りも同様で、釣れた魚を持って歩くのはしんどいですが、リュックタイプで背負うことができれば楽ですし、なにより両手が使えるのがありがたく、機動性もあがります。

 

素材PVC生地のため洗うのも楽ですし、こういう袋があれば魚を入れても、汚れや匂いの付着を防ぐこともできそうです。

 

ワークマンの防水リュックとの比較

ワークマンと中華それぞれの防水リュック

ワークマンにある防水リュックはオリジナルのイージスブランドのもの(30L)は¥2900、ZATというメーカーのもの(25L)は¥2980。

それぞれイージス防水メッセンジャーバッグ、ZAT無縫製バック リュックタイプ 24リットルという名前ですが、今回購入した中華防水リュックはZATのリュックに近い感じ。

 

タウンユースだったり釣りの道具を入れるだけであればイージス防水メッセンジャーバッグですが、魚を入れたり、磯やゴロタに持っていくならよりより防水性に優れ、丸洗いがしやすい中華防水リュックやZATのリュックが良さそうです。

 

25L(中華リュック)と24L(ワークマンZATリュック)と容量はほぼ変わらないようですが、実際見比べるとワークマンの防水リュックの方が容量多いように見えます。

ワークマンと中華それぞれの防水リュック

そしてショルダーベルトが、中華防水リュックのほうはペラペラで安っぽく、ワークマンの防水リュックの方がしっかりしています。

しかし、それ以外はそこまで変わらない印象なので、とにかく安いほうがという方は中華製のリュックでも良さそうですね。

 

購入を検討している方は参考にどうぞ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-その他, ワークマン
-, ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.