釣り 釣行記

ナイトエギングで春イカシーズン終盤にキロアップのアオリイカが連続ヒット!

投稿日:

エギをしっかりと抱くアオリイカ

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

今シーズンはアオリイカの調子がいいようで(九州北部のみ?)、自分の釣果を振り返っても遊漁船や釣具店の釣果情報を見ても例年にはないくらいアオリイカが釣れているようです。

 

そんな良好なシーズンの恩恵にあやかってエギング釣行も増えており、エギング初心者ながらもコンスタントに釣果をあげることができています。

先日は夜間のナイトエギングに行ってきたのですが、春イカシーズン終盤になんとか自身初のキロアップを釣り上げることができました。

春イカシーズン終盤ナイトエギング。無事キロアップを達成!

ポイント到着してしばらくは無反応

釣友との2人で、干潮の1時間ちょい前にポイントに到着。

アジっぽいライズがパシャパシャと、シーバスっぽいライズがポコポコと水面を賑わせており、先行者の方に話を聞くとボチボチとアジが釣れているとのこと。

ちーぷ
アジも魅力的だが、とりあえずエギからスタート!

 

そんな自分達の欲まみれの希望も虚しく空振りし、その横で先行者達がアジを掛けていく。

痺れを切らしたのか釣友はいつの間にかアジ狙いに切り替えており、しっかり掛けて早速結果を残した様子。

 

それと同じくらいのタイミングで、シーバスらしい魚によるライズが増えてきたので、ちょっとシーバスに浮気をしてシンペンを投げてみるも、数等で根掛かり&ロストのコンボでまたすぐにエギングに変更です。

ちーぷ
余計な事を考えるとすぐこれだよ…。

小さなアタリに合わせてキロアップをキャッチ!

しばらく反応なかったので、たまたま中古釣具店で購入して以来、個人的な大エースとなっているエギを投入。

ちーぷ
11-12シーズンのアーセナルにおけるファン・ペルシー的な存在。

干潮の潮止まりになったのと同時に先行者達が帰っていき、釣友と自分の2人のみになった直後、微妙にロッドティップが曲がったので合わせを入れると…

 

ちーぷ
のったーーー!!

アオリイカが走るとジーーーと気持ちのいいドラグ音を出し、なかなか止まってくれない!

ちーぷ
これはキロアップいったのでは…?(そわそわ)

と内心の高ぶる気持ちをできるだけ抑えて、本当はとにかく早くリールを巻きたいがゆっくりと慎重に寄せていく。

ちーぷ
おぉ~~なかなかの大きさ!

エギをしっかりと抱くアオリイカ

エギをしっかりと抱いており、いい掛かり方をしてくれいてる。

エギをしっかりと抱くアオリイカ

早速計ってみるとギリッギリのキロアップ!

ギリギリでの1kgオーバー

ちーぷ
完全に場所のポテンシャルと当たり年に助けられた。

上げ潮に入るとイカからの反応が増える

その後また当たりが無い時間が30分ほど経過。

立ち位置をちょこちょこ変えながら打っていくも反応がないので、先程の立ち位置に戻って再度キャスト。

 

ボトムの方を中心に探っている(つもり)と、ロッドティップに微妙な変化が。

ちーぷ
怪しい動きにはとりあえず合わせましょう。

グイっとロッドを上げてフッキングを入れると、全体に重みが乗り再びイカ様に選んで頂いたようです。

先程のように走りはしませんが、それなりの重さがある様子。

 

上げてみるとキロアップまではいかないが、そこそこのサイズでこりゃまたありがたや〜。

800gほどのアオリイカ

こちらもエギをしっかり抱いくれました。

安心できる掛かり方

キロアップのアオリイカを連続キャッチ!

イカの溜まり場というか通り道でもあるのでしょうか?

釣れたイカを処理している間に、釣友が今度は同じくらいの場所に立ってみます。

 

ちーぷ
イカ美味しそうだなー…。

などと釣れたアオリイカを見て思っていたら、釣友のロッドがかなり大きく曲がっている!

さらにドラグも引き出されて…めちゃめちゃ楽しそう!!

ちーぷ
絶対デカイヤツガキタ!

釣友の鉄板エギであるエギボンバーが、今日も名前の通りボンバーしています。

 

近くまで寄ってくると、ダンボみたいな耳というか大きなエンペラをパタパタさせており、なんだか可愛らしい感じ。

上げてみると…

釣友が上げた1.5kgのアオリイカ

ちーぷ
でけーな!!

このサイズになると迫力がある

ちーぷ
いやーこれ何キロあるか検量が楽しみですね♪

とか話しながら写真を撮っていると、デジタルスケールが見当たらん…。。。

周辺を探すと、海の中に落としていたようでご臨終でした…。。。

 

さらに次はチープが再びその場所に入ってキャストを開始。

釣友と「もうお互いある程度釣れたし、そろそろ場所を移動しますか?」などと話していたら、ロッドティップが明らかに曲がり条件反射的に合わせを入れる!

 

ジーーーーーー!!っと暗闇にドラグ音が響き、イカのジェット噴射によるファーストランを耐えている顔は多分満面の笑みだったと思う。

しかし正直なかなか止まってくれず内心ビビる…。。。

 

手前の海藻に絡まないように寄せて、ランディング成功!

さきほどの個体よりも明らかに大きく、計量前ですが本日2杯目のキロアップ&自己記録を確信!

この日2杯目のキロアップ

せっかくなので記念の撮影!

自己記録となる1.2kgのアオリイカ

ちーぷ
エンペラの後ろに頑張ってる証拠が写ってて恥ずかしい…。

後ほど検量すると1.2kgのサイズで大満足!

 

3時間ほどで充分な釣果になったので早上がり。

春エギングの楽しさを知ってしまいました。。。

翌日は綺麗な銀ピカ磯マルも

あまり水深のない地磯

さらに翌日は釣友は漁港、チープはその横にある磯場に入ります。

スピンテールや小さめのジグでイサキでも…と思いましたが、ちょっと水深が浅めな上に海藻も多めに生えている様子。

 

ロストにひよって、フローティングミノーを選択。

とりあえず海藻の上を引いてこれているようで、根掛かりするようなレンジには入っていないようです。

 

特に狙いもなく適当に投げているとヒット!

水中でギランと光ったのが見えた直後、勢いよく突っ込まれるとドラグもしっかり出されて、それなりの魚がかかったみたい…。

ちーぷ
魚以上に本人がびびった。

いつも通り、ワチャワチャとしたランディングが無事?に成功。

磯マルちゃんでした!

フローティングミノーにヒット

綺麗な銀ピカ魚体でかっこいいですねー!

綺麗な魚体の磯マル

ナイトエギングで好釣果!釣れたアオリイカは北海道へ郵送

福岡空港の案内板

先日行った北海道遠征で、案内して頂いた方の友人にアオリイカを送る為に、ある程度のサイズが数杯欲しいなーと実はひっそり狙っていました。

なんでも北海道はアオリイカが少ないようで、ネットショップで買った事もあるくらいらしい。

 

翌日ついでに道の駅で買ったコウイカ(こちらも殆どいないらしい)も一緒に入れて早速配送し、なんとか北海道遠征のお礼ができてホッと安心。

美味しいアオリイカを食べてくれると何よりです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣行記
-, , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.