釣り 釣行記

初めてのトラウト狙いはイトウで開幕!意外なルアーに良型ブラウントラウトも!北海道へトラウト遠征!〜前編〜

更新日:

ミノーで釣れた小型のイトウ

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

年末年始の宮崎のオオニベ釣行で知り合った方から、北海道釣行のお誘いが入り「こんな機会がないとなかなか行かないな…」ということで、GW期間に北海道へ遠征に行ってきました。

 

狙うターゲットは、もちろんトラウト達。

なかでもやっぱり釣りたいのはイトウ。

昨年夏の高知のアカメもそうですが、やはり釣り人なら一度は憧れる魚なのではないでしょうか?

 

イトウの他にも北海道には、サクラマスや大型のニジマスなど魅力的な魚がたくさんいるので、そういう魚達とも出会いたい…。。。

そんな魅力たっぷりな、北海道釣行の様子をお伝えしていきます。

イトウとは?日本最大の淡水魚。

外部サイトからの引用画像

出典:イトウ|いつか会いたい憧れの魚|ANA釣り倶楽部 │ANA SKY WEB

サケ目サケ科イトウ属に分類される、日本最大の淡水魚のイトウ。

成長すると1m、大きいものだと1.5mほどになり、記録上は2.1mというサイズも捕獲されています。

 

現在国内だと北海道の限られた地域のみに生息しており、アカメと同様に、絶滅危惧IB類(絶滅危惧IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)に指定されている希少な魚。

その希少さ、メーターオーバーを狙えるサイズ感、魚体の格好良さなどから釣り人から釣り人憧れの魚となっています。

初の北海道上陸…やっぱり寒い…

今回初の北海道上陸となるチープ。

空港での一コマ

ちーぷ
空気が冷たいっす…。

北海道はこちら(九州)との違いがたくさんありすぎて、移動しているだけで面白いです。

まず、少し中心部から離れると道に信号がほとんどなく、ノンストップで車を走らせることができ、北海道の広さを実感。

 

そんなノンストップで走っている車が止まる場合があるのですが、その原因は”鹿””狐”といった野生動物達。

特に鹿は個体数が多いのかよく見かけ、頻繁に道路に出てくるためかなりヒヤヒヤでした。

ちーぷ
釣りをしている時もよく鹿を見かける。

他にも雪で路側帯が見えなくなるので、上から標識が出ていたり、風景が雄大で「ここ日本じゃないだろう…」と呟きたくなるような海外っぽい景色ばかり。

道北方面でイトウを狙う

スタートは河口部分から

拠点の場所から釣りのポイントまで約400km移動するということで、早速北海道の釣りの過酷さを味わう事ができました。

約5時間の移動の後、まずは河口付近からスタートです。

道北方面の河口

狙うのはイトウ。

 

…なのですが時期が早かったのか本当になにもなく、今回の釣行に誘ってくれたSさんにアメマスがヒットしたのみ。

他に気配もなかったので、ポイントを移動することに。

道北方面の河口

ポイント移動後…念願のイトウとご対面

本来ならばコルクグリップのトラウトロッド…といきたいのですが、そんなの持ってないので、EVAグリップのロッド…雰囲気は全くなし!

ちーぷ
魚は雰囲気で釣るものではない!(キッパリ)

流れ込みからミノーをドリフトさせ…巻かない…巻かない…魚がついてそうな場所でリールを巻いて反転させて…

 

北海道初ヒット!

 

心の準備ができて無くドタバタとやり取りをし、不格好なランディングが完了。

ちーぷ
あれ…?なんだこの魚…。。。

斑点がニジマスとも違うし…ヤマメとも明らかに違う…?

 

あれ…??まさか…

ちーぷ
……これがイトウか!!!?

ミノーで釣れた小型のイトウ

Sさんに「多分イトウです!笑(まだ不安)」と確認してもらうと正解の返答。

急に興奮してきて小さい声で「すげぇ〜すげぇ〜」を連発。

ミノーで釣れた小型のイトウ

人生初のトラウト狙いでイトウとは…なんと贅沢…。。。

ちーぷ
本当にラッキーだけで生きているな…。。。

まだまだ魚は溜まっていそうでしたが、ルアーへの反応がなくなったため再度場所を移動します。

海イトウ狙いでサイズアップを試みるも…不発

幾つかポイントを回りましたが、魚からの反応はなかったので、一気に海へ場所を移します。

直前まで知りませんでしたが、イトウは降海するため海でも狙うことができ、海サクラや海アメならぬ”海イトウ”と呼ばれているとか。

道北方面のサーフ

しかし寒い…この日は気温が下がる予報に加えて、オホーツク海から吹く風が冷たくめちゃめちゃ冷える…。。。

ちーぷ
前日まで福岡ではTシャツ短パンだったのに…なにこれ…。

ポイントから上がったタイミングで、この日の夜からまとまった雪が積もるとの予報が出たため、急いで撤退をすることに。

ちーぷ
ちょっとだけ寄り道して買い物も。

時川真一さんのイトウステッカー

海サクラを狙いに道南方面へ

海サクラの回遊するサーフへ

道南方面のサーフ

積雪による撤退によって大幅にプランが変更となり、道南方面で海サクラが好調ということだったので、翌日はサーフから海サクラを狙いに。

 

ここからSさんの釣り仲間の方々も加わっての釣行となります。

サーフに何人も並んで釣りをする光景は、なんだか宮崎のオオニベの時と被ります。

 

日の出より少し前からポイントに入り釣りを開始しますが、なかなか魚らしい反応はありません…。

ちーぷ
これは修行ばい…。。

延々とキャストを繰り返していくと、時合がきたのか周りのアングラー達がバタバタと魚を掛けていきます。

サーフで連続ヒットの海サクラ

ちーぷ
すげー…全部サクラマスだしデカイ!これはチャンス!!

北海道での海サクラ狙い鉄板ルアー

北海道の海サクラ狙いの鉄板ルアー「ジャクソン・アスリート」

ジャクソンアスリート14SS

値段は安くはないですが…、ここが使い時でしょう!

 

郷に入れば郷に従え

 

これが遠征釣行の鉄則です。

ちーぷ
これ大事!

で…釣果は…

ピックアップ寸前にヒットしたアメマス

回収間際で食ってきたアメマス…所謂海アメと言うやつですね!

結局海サクラは釣れませんでしが、初魚種を追加でとりあえず満足です。

ブラウントラウト狙いは夜の湖へ

暗くなる前にポイントへ

海サクラ狙いから戻ると次は夜間の釣行…せっかくのGW、せっかくなので詰め詰めで釣りです。

ここではブラウントラウトが狙えるとのこと。

北海道の湖

ちーぷ
こんなロケーションで釣りができるなんて最高だな…。

北海道の湖

ちーぷ
鹿の足跡もたくさん…というかその辺にいっぱいいる。

鹿の足跡

ポイントに着いたらルアーの動きや飛距離、地形を確認して、闇夜での釣りに備えます。

北海道の湖

小さめのミノーからスタートし、周りが見えなくなったタイミングでヒット!

ちーぷ
おぉー!!トラウトってこんなに引くの…!?

ビックリしながらやり取りしていると痛恨のラインブレイク…。。。

 

ここでの鉄板と言われて買っておいたルアーが早々にリタイアし、他のルアーを試すも魚からの反応が激減。。。

ちーぷ
やべぇー…詰んだか…。。。

意外なルアーにヒット!?

とりあえず手持ちのルアーをローテーションさせて、反応してくれるルアーを探す。

そしてついに…

ちーぷ
当たりを引き当てた…!

コンコンコン…ゴン!!

 

前アタリがはっきりと分かるヒット。

魚がジャンプして暴れている波紋と音が広がり、ドラグ音も響く。

先程まで静寂な暗闇だったのが一転し、急に周りも気持ちも騒がしくなり体中が興奮しているのが分かる。

 

ジャンプしてフックアウトするのが怖いので、できるだけ抑えるようロッドを寝かせて寄せて…。

ちーぷ
でけぇ…

53cmのブラウントラウト

なんと初のブラウントラウトは53cmと良型。

ちーぷ
めっちゃ引くやん…

そしてヒットルアーは画像の上にちょろっと見えているimaのコモモ。。。

ブラウントラウトのヒットルアーはコモモ

ちーぷ
今までシーバス釣れたことなかったからお蔵入りルアーだったのに…こんなとこで活躍するなんて…。

その後もアタリはありますが、フッキングまで持って行けずこの日は終了となりました。

北海道遠征〜中編〜へ続きます

熊よけの熊鈴

とりあえず遠征の前半はこんな感じ。

北海道の自然の懐の深さを実感でき、九州の釣りとは全く違う雰囲気にただただ圧倒されました。

 

それにしても初トラウト狙いの釣行で、贅沢な釣果過ぎてこの後が大丈夫か心配になるほど。。。

北海道のグルメ&観光はほぼ無視した遠征なので、そこぐらいはいいですよね??

使用タックル

※下記の前モデルを使用

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣行記
-, , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.