気になる・気に入ったもの 食べ物

真空パック器で魚の保存が捗る!魚を上手く熟成させやすい魚好きへオススメのアイテム!

投稿日:

魚の炙りを真空保存

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

釣った魚は美味しく食べたい派のチープです。

 

せっかく頑張って釣った魚を食べるのであれば、ぜひとも美味しく食べたいとこですよね。

しかし、なんやかんや用事が入ってしまい、食べる時間がなく臭いが出てきたり、身が変色してしまった経験はありませんか?

私は実はちょこちょこありまして…その時は火を入れたり漬けにして食べています。

 

そんな魚の保存方法を改善しようと思い、今回真空パック器を導入してみました!

現在しばらく使っていますが、これが思っていた以上に便利なものだったのでちょっと紹介していきます。

魚の腐敗の原因について

カビの生えたみかん

細菌の分解によるもの

生物は死後、身体の中や外部からの細菌によって分解をされていきます。

これがいわゆる「腐敗」の状態のことです。

タンパク質の変化・分解によって腐敗が進んでいき、それによって生臭さや味の劣化が引き起こされます。

脂肪の酸化によるもの

腐敗は脂肪の酸化によっても引き起こされます。

脂質内に含まれる不飽和脂肪酸は空気中の酸素と結合しやすく、その酸素が結合することを酸化といいます。

 

脂質が酸化すると、変色や生臭くさ、味の変化が引き起こされますが、新鮮な魚は脂質と酸素が結合していないため、美味しく食べることができます。

この酸化は不飽和脂肪酸を多く含む魚に見られ、肉の場合は飽和脂肪酸を多く含んでいるため酸化はあまりみられません。

 

魚の中でも特に脂肪が多い鯖やイワシなどは酸化が早く、「鯖は足が早い」と言われるのはそのためです。

ちーぷ
知りまへんでした!

魚の腐敗を防ぐ方法は?

箱に積まれた魚

菌の増殖を防ぐために冷蔵や冷凍での保存や清潔さを保つこと、酸化させないためには空気に触れさせないようにする必要があります。

 

いままではキッチンペーパーとラップで包んで、冷蔵庫に入れていました。

私の包み方が悪かったというのもあるのかもですが、これではどうしても部分的に酸化をしている部分が見られ、食べる時はその部分を切り取っていました。

ちーぷ
酸化をさせないようにしたいなー…

魚の保存には真空パック器がオススメ!

魚の炙りを真空保存

やっと前置き終わり…。。。

ここからが本題の…

ちーぷ
魚の保存用に真空パック器を買ったよ!これめっちゃ良いよ!

という話。

 

特に血合いが変色しやすい鰤や臭いが出やすい鯵なんかに使いましたが、効果抜群でいつものようにキッチンペーパーとラップの組み合わせよりも、美味しく刺し身で食べられる期間が伸びました。

LifeBasis 家庭用真空パック器は安価で操作も簡単でおすすめ!

LifeBasis家庭用真空パック器の仕様について

LifeBasis家庭用真空パック器

電源:AC 110V-240V

周波数:50~60Hz

消費電力:110W

脱気圧:-60Kpa

製品寸法:366x116x69mm

重量:0.92Kg

価格はAmazonで¥4299、楽天で¥6000、Yahooで¥6000〜¥7500程(※2019年3月現在)で購入でき、真空パック器としては比較的手頃な価格となっています。

 

 

製品の中身

Amazonで注文してすぐに到着。

包装の中はこんな感じ。

Amazonから届いた真空フードシーラー

フードシーラー本体

電源コード

脱気ホース

取り扱い説明書

専用袋10枚

上記が中に入っているもの一式になります。

LifeBasis家庭用真空パック器の外観と付属品

こんな感じの全体像。

LifeBasis家庭用真空パック器

ボタンは英語で書かれており、右からSTOP(停止)、VAC(脱気)、MODE(脱気モード選択・ノーマル/ソフト)、VAC SEAL(脱気&シール)、FOOD(乾湿モード選択・乾き物/水気の多い物)、SEAL(シール)です。

シンプルな操作ボタン

裏側には電源コードの差込口があり、水などが入らないように蓋付き。

電源コードの差込口には蓋が付いている

蓋を開けた中の左にある丸い口が脱気口で、手前の黒い部分が熱圧着を行う部分です。

蓋をオープンにすると吸気口やストッパーがある

両サイドにロックボタンがあり、このボタンが「カチッ」と音がするまで蓋をはめ込むとロックされ、ボタンを押すとロックが解除され蓋が開きます。

両サイドにあるボタンはロックボタン

電源コード、真空パック専用の袋(10枚)、専用ホース、説明書(写真なし)が付属されており、ホースを使うことで袋だけでなく瓶やお酒のボトルなども真空にすることができます。(別途専用品が必要)

電源コード、専用袋、ホース、取り扱い説明書(写真なし)が入っている

 

 

真空パック器で魚を真空保存にしてみた!

釣れたヒラマサを真空パックにしてみる

2kgあるかどうかの小さなヒラマサ(ヒラゴ)

今回は釣れたヒラマサを、捌いて柵にした状態の物を真空パックにしてみます。

まずは切り身を付属の袋に入れます。

真空フードシーラーに魚の切り身を入れる

吸気口を塞がないように、ストッパーの部分まで袋を入れたら蓋をします。

蓋を開けると中に吸気口とストッパーがある

両サイドのボタンが「カチッ」と音がするまで閉じます。

蓋を閉めて左右のボタンからロック音がする

準備は完了で、とりあえず今回は一番使用頻度が高いであろうVAC SEAL(脱気&シール)を選択。(このボタンだけで空気を抜いて袋を閉じてくれます)

「VAC SEAL」で脱気とシールの両方を行う

「ブーーーーー」と音が出て、自動で空気が抜けたあと袋が閉じられたら完成です。

ボタンひとつで真空保存の完成

ヒラマサを袋に入れて、30秒程で真空パックの出来上がり。(中に入れるものによって空気が抜ける時間は変わります)

真空保存されたヒラマサ

ちーぷ
めっちゃ簡単にしかも綺麗にできてる…

なんだか市販品のような見た目になって嬉しくなりました。

他の魚も真空パックにしてみます

天草で釣れた&貰った、ヒラスズキや石鯛も入れてみました。

真空保存されたヒラスズキ

真空保存された石鯛

どれも全部それっぽい雰囲気に仕上がって、これで熟成もうまくいきそうです。

真空パック器の使い方を動画で見てみる

真空パック器を使って袋の中の空気を抜く時、わりと大きめの音がでるタイプの物が殆どかと思います。

高価なものになれば音が静かな物もあるかもしれませんが、一般的にはある程度の音はすると思っていた方がよさそうです。

 

一応今回購入した「LifeBasis 家庭用真空パック器」の使用動画をYouTubeにあげてみたので、操作感やどの程度の音がでているか参考にどうぞ。

動画撮影する時にちょうど手元に魚も肉もなかったので、代わりにメタルジグという釣りに使う鉛製のルアーを入れています。。。

ちーぷ
メタルジグの鮮度も長持ち!うれしーなー(棒読み)

あくまでイメージとしてですがこんな感じになりました。(※頭がバグった訳ではありません)

メタルジグを真空保存

真空パック器に使う袋は専用じゃないとダメ?

真空保存フードシーラーの専用袋

真空パック器に使用する袋には2つの特徴があります。

 

1つ目は片面にエンボス加工がされており、片側の表面がデコボコになっています。

真空保存専用袋には片面にエンボス加工がされている

このデコボコが空気の通る道になって、空気が抜けやすくなっています。

 

2つ目はナイロンポリという素材を使っていること。

酸素を通さないが熱で圧着しにくいナイロンと、熱で圧着しやすいが酸素を通してしまうポリエチレンを貼り合わせた素材で、両者のいいとこ取りをしており食品の保存に適しています。

 

真空パック器の専用袋にはこういった特徴があるため、専用袋の使用を推奨されていますが、一応安価な普通のナイロンポリ素材の袋で代用されている方もおり、そちらのほうが圧倒的にコストを抑えることができます。

 

専用袋には個別タイプ(左)ロールタイプ(右)があり、ロールタイプの方が安いうえに、中にいれる物に合わせて長さの調整もできるため、専用袋を購入の場合はそちらがおすすめです。

真空保存専用袋には個別タイプとロールタイプがある

 

 

真空パック器を使った感想

簡単に食品を真空保存できる

魚の炙りを真空保存

今まで真空パック器って値段も高いんだろうなと思って、調べてもいませんでしたが、意外と手頃な値段でも種類が多く、今回購入したものもAmazonで¥4000ちょいの価格帯。

 

操作もかなり簡単なうえ、空気もしっかりと抜けており、安いからといって機能的に問題があるとかそういうのは今のところ見つかっていません。

ちーぷ
もっと早く買えばよかった!!

今まではすぐに変色し臭いが出ていた青物の切り身も、真空パックにすることで空気に触れないため酸化せず、日にちがたっても刺し身で美味しく食べることができました。

 

さらにまだ試せていませんが、真空パックにすることで冷凍保存時の冷凍焼けや霜を防げるので、品質の劣化を防ぐこともできるそうです。

LifeBasis 家庭用自動真空パック器の不満点

不満げな表情の女の子

脱気の時の音が大きい

上でも書いていますが、この手のやつは空気を抜いて真空状態にするときに、わりと大きな音が出ます。

 

とはいっても、どうしようもなくうるさいという程でもないですし、数十秒の間だけなので個人的にはそんなに気になるものでもありません。

強いていえばというくらいのものです。

付属の袋の扱いが雑

付属でついている専用の保存袋。

届いた箱の中に、包装などをせずに裸のままで入っていました。

あくまで食品を扱う物なので、もう少し衛生的に綺麗な状態で届けてほしかった…。。。

真空パック器を使えば魚の保存が簡単に上手にできてオススメ!

LifeBasis家庭用真空パック器

まだ魚の保存にしか使ったことありませんが、真空パック器…めちゃめちゃいいじゃないですか…。。。

むしろなんでもっと早く買わなかったのか後悔しているレベル…。。。

まだ数えるほどしか使っていませんが、充分便利なものというのがわかりました。

 

魚を美味しく食べる期間が伸びますし、魚を寝かせて旨味を引き出す”熟成”もこれだとより上手く行うことができそうです。

人に渡す場合も見た目がいいので、印象がよくなりそうですね。

 

また、冷蔵・冷凍時のメリットだけでなく、調理の際に具材に下味が入りやすかったり、保存スペースを有効活用することもできます。

真空パック器…おすすめなので参考にどうぞー!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-気になる・気に入ったもの, 食べ物
-, , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.