レインウェア ワークマン

ワークマンイージスR-600レインスーツ。R-006との違いは透湿度とストレッチ性能が向上!

更新日:

R-006は止水ジップだがR-600はフラップ付きファスナーへ

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

毎年人気のワークマンのレインウェア「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」

ワークマンのレインウェア「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」

デザイン良し、機能良し、ストレッチが効いて動きやすさ良し、上下で¥4900とコスパも良しということで、梅雨の時期は品切れになっている状態もよく見かける人気のレインウェアです。

 

もちろん私も愛用中で、雨のときだけではなく少し肌寒いときに羽織って防寒着にしたりと色んなシーンで使っており、何度かブログでも紹介しています。

そんなワークマンの人気レインウェアですが、ここ最近デザインや値段はそのままで、機能性だけアップしたアイテムがでております。

R-600 レインスーツSTRETCH Perfectの胸部ロゴマーク

今回はその新しいワークマンのレインウェア「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」の紹介と、従来の「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」との違いを比較してまとめてみましたので参考にどうぞー!

ワークマンの人気ストレッチレインウェアR-006がアップデート?

雨天時の釣りでヒラマサとのやり取り

釣りやキャンプ、登山、自転車、その他アウトドアや作業の各シーンで大人気のワークマンのレインウェア。

従来から発売されていたモデルは「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」ですが、今回新しく登場したのは「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」

ワークマンの新しいレインウェア「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」

価格は同じく¥4900ですが、デザインや基本性能は殆どそのままに細かな機能性は上がっている、「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」の実質的なアップデートアイテムとなっています。

 

ぱっと見て分かる大きな変化と言えば、ストレッチが全方向に対応になったのと、透湿度が従来品は5,000g/㎡ 24hだったのに対し、新しいレインウェアは8,000g/㎡/24hになった部分。

R-600 レインスーツSTRETCH Perfectのタグ

詳しい違いは後から解説していきますが、商品名、価格、機能、デザインからみても、R-006レインウェアのリニューアルという位置づけになるアイテムだと思われます。

新しいワークマンのレインウェア「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」の特徴

耐水圧10,000mmの防水性能

新しい「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect 」のイメージ

出典:R-600 レインスーツSTRETCH Perfect | 圧倒的な防水性能!【お1人様1点限り】〇| | 作業着のワークマン公式オンラインストア

一般的に耐水圧が10,000mmあれば大雨20,000mmだと嵐でも水が染みてこないと言われていますが、「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」のスペックは耐水圧10,000mm

 

大雨の中で釣りをすることは殆どないでしょうし、ましてや釣りは雷との相性は最悪なので、その辺考えても充分な性能です。

本格的な登山などよっぽどの事がない限り、釣りやゴルフ、自転車などのレインウェアとして使うには、これくらいあれば問題ないでしょう。

透湿度8,000g/㎡/24hで蒸れにくいレインウェア

新しい「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect 」の特徴

出典:R-600 レインスーツSTRETCH Perfect | 圧倒的な防水性能!【お1人様1点限り】〇| | 作業着のワークマン公式オンラインストア

レインウェア内の湿気を外に逃がす性能の度合いを表す透湿度。

この数値が高いとレインウェア内の汗が外に排出されるため、衣類の中の快適性を保つことができます。

そんな透湿度ですが、「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」のスペックは8,000g/㎡ 24hという数値。

 

アウトドア用の防水透湿性素材のレインウェアと比べると、高くも低くもないくらいの数値ですが、釣りをするには問題ない性能ではないでしょうか。

ストレッチが全方向に伸びて動きやすい

新しい「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect 」全方向のストレッチ

出典:R-600 レインスーツSTRETCH Perfect | 圧倒的な防水性能!【お1人様1点限り】〇| | 作業着のワークマン公式オンラインストア

ワークマンのレインウェアの特徴の動きやすさ。

一般的なレインウェアは所謂シャカシャカ系が多く、生地が伸びないため多少の動きにくさがあるのですが、ワークマンの「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」はストレッチが効いてて、動きのストレスになりません。

 

しかも縦横斜めの方向に伸びるため、いろんな姿勢にも対応してくれます。

釣りの場合はキャストする時、ロードバイクなどのスポーツタイプの自転車の場合は前傾姿勢での走行中などなど…、服が突っ張って窮屈に感じる事がありません。

価格は上下セットで¥4900

新しい「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect 」の特徴

出典:R-600 レインスーツSTRETCH Perfect | 圧倒的な防水性能!【お1人様1点限り】〇| | 作業着のワークマン公式オンラインストア

防水透湿性素材の代表格のゴアテックス。

耐水圧は45,000mm以上、透湿度は13,500〜25,000g/㎡ 24hと種類で幅はありますが、どれも高性能なためその分金額も高く、ゴアテックス素材のレインウェアは上着だけでも数万円となります。

 

一方ワークマンのレインウェアは耐水圧10,000mm、透湿度8,000g/㎡/24hと機能性はもちろん劣ります…。。。

しかし、その分値段はお安く、¥4900…しかも上下セットで!

 

目的に合わせての選択にはなりますが、釣りを含めた一般的な用途での使用には充分な機能で、この価格は魅力的です。

ワークマンの人気レインウェア「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」との違いは?

ワークマンのレインウェアR−006とR-600の比較

上で書いたとおり、以前から発売されている「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」(右側:以下R-006 )の実質アップデートの「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」(左側:以下R-600 )

 

細かい部分で違いが出ており、全体的な機能は確実に上がっています。

大きな変化ではないためちょっと分かりにくいのですが、その違いをまとめて詳しく解説していきます。

透湿度が5,000g/㎡/24h → 8,000g/㎡/24hに向上

R-600 レインスーツSTRETCH Perfectのタグ

透湿度がカタログスペック上は5,000g/㎡/24h → 8,000g/㎡/24hへと上がっています。

レインウェアとしては非常に嬉しいアップデートで、それに対して値段に変更がないのはユーザーとしてはありがたいところ。

 

3,000g/㎡/24hの上昇だと、正直体感では違いが分かりにくいかもしれませんが、数値が高くなっているので、より蒸れにくくなっているようです。

生地の伸びる方向が全方向へ

「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」は全方向へストレッチが効く

従来のワークマンのレインウェアR-006よりも、多方向へ生地が伸びてくれるR-600。

実際に着比べてみると動きやすさの違いはハッキリと感じました。

 

R-006だと姿勢によっては、生地が突っ張って動きのストレスになる場合がありました。

しかしR-600を着てみるとそれがなく、どんな姿勢でも服が合わせて伸びてくれるので、動きにストレスを感じる事がありません。

 

着用中のイメージとしてはこんな感じで生地が伸びてくれます。

「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」は全方向にストレッチが効きます

生地の改良?で動きやすさは間違いなく上がっていました。

パンツ部分の裾の絞りがボタンからマジックテープへ

R-006の裾の絞りはスナップボタンになっており、幅の調整が効きにくかったのですが、R-600はマジックテープへ変更となりました。

新しいR-600のパンツ裾部分

R-006の感想記事で書いていた改善希望ポイントが、そのまま反映されておりなんとも嬉しい限り。。。

ワークマンのレインウェア「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」の当ブログの感想記事から

当ブログ「安くて高機能な雨具!ワークマンのレインスーツはストレッチ入りで動きやすい!」の記事より

胸ポケットが止水ジップ→防水フラップ付きファスナーへ

進化なのか退化なのか??胸ポケットの止水ジップがなくなり、防水フラップ付きのファスナーへと変更。

R-006は止水ジップだがR-600はフラップ付きファスナーへ

止水ジップのコストが高かったのか、それとも新しい仕様の方が防水性が増すのか…どちらかは分かりません。

R-600では胸ポケット部分はフラップ付きファスナーへ

個人的によく使うポケットだったので、ちょっと取り出しにくくなるのかな?とも思いますが、使ってみるとそこまで変わらないのでどちらにせよあまり影響はなさそうです。

フィールドコアからイージスへ変更

使う側には殆ど影響ないですが、R-006はFIELD CORE(フィールドコア)シリーズだったのに対して、R-600はAEGIS(イージス)シリーズとなっています。

ワークマンのレインウェアR−006とR-600の比較

補足として一応位置づけ的には動きやすさと防風性に優れるウェアが多いのがFIELD CORE(フィールドコア)シリーズ、防水性に優れるウェアが多いのがAEGIS(イージス)シリーズとなっています。

サイズ感の違いについて

ワークマンのレインウェアR−006とR-600の比較

R-006とR-600ではカタログの数値上、微妙なサイズの違いはあるようですが、実際に着てみると殆どその差は感じません。

中に着込む事を考えて、R-006と同じくLLサイズを選びましたがサイズの違いは分かりませんので、同じサイズ感で選んでいいかと思います。

 

175cm/73kgでジャストサイズであればLサイズ、中に着込む事を考えるならLLサイズでした。

ジャケットサイズ

サイズMLLL3L5L
着丈7578818487
桁丈8587899193
胸囲108112116122130
対応胸囲84-9290-9896-104102-110114-122
対応身長160-170170-180175-185175-185175-185

 

パンツサイズ

サイズMLLL3L5L
総丈105107109112116
股下7677788083
対応ウエスト72-8078-8886-9694-104110-120

 

ワークマンのレインウェア。R-006より「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」が買い!

「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」のシームテープ

R-006とR-600の変更点をまとめるとこんな感じです。

透湿度が5,000g/㎡/24h → 8,000g/㎡/24hと向上

生地の伸びる方向が全方向へ

パンツ部分の裾の絞りがボタン→マジックテープへ

胸ポケットが止水ジップ→防水フラップ付きファスナーへ

比較して分かるとおり、そこまで大きな違いはないにしても、透湿度や動きやすさ、パンツの裾部分など細かい部分がアップデートされているため、機能性は間違いなく上がっていると言ってよさそうです。

 

しかし、値段は据え置きの¥4900

ただでさえコスパがいいレインウェアなのに、さらにコスパ上がってしまう…ワークマン恐るべし…。。。

 

という事で、これから新しくワークマンで「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」の購入を検討している方は「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」の購入がオススメです。

 

本格的な機能を求める場合は、ハイスペックな高機能レインウェアの選択なのでしょうが、そうではなくそこそこの機能性で実用には充分、なおかつ価格の安いレインウェアを探している方は是非参考にどうぞー!

実際に使った感想やメンテナンス方法は、従来と大きな変化はないかと思うので、下の記事も合わせてどうぞ。

 

R-600 レインスーツSTRETCH Perfect ¥4,900 ワークマンオンラインストアで見てみる

R-600 レインスーツSTRETCH Perfect ¥4,900 楽天市場で見てみる



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-レインウェア, ワークマン
-, , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.