その他 釣り

平之ニジマス釣堀公園は佐賀にある管理釣り場!福岡・佐賀からアクセス良くエリアトラウトが楽しめる!

更新日:

平之ニジマス釣り堀公園は小さな池が一つだけ

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープ()です。

 

先日佐賀にある平之ニジマス釣堀公園で、初めての管理釣り場へ挑戦してきました。

こちらでは施設の場所や時間、料金、その他の詳細な情報をまとめて載せていますので、平之ニジマス釣堀公園に行く予定の方は是非参考にどうぞ!

平之ニジマス釣堀公園について

佐賀の厳木町にある平之ニジマス公園の入り口

2018年2月にオープンした佐賀の厳木(きゅうらぎ)町にある、佐賀県唯一の管理釣り場。(2019年1月現在)

廃校になった学校のプールを使用してニジマスを養殖しており、その隣に池を作って釣り場として開放してあります。

 

ルアーとフライ専門の管理釣り場で、山の奥にある小さい人工池にニジマスを入れており、気軽に釣りを楽しむことができる施設です。

平之ニジマス釣堀公園の詳細のまとめ

平之ニジマス釣堀公園は福岡市内からも気軽に行ける

佐賀県唐津市厳木町平之にある「平之ニジマス釣堀公園」

佐賀市内からだと50分程度、唐津市内からでも40分ほどの時間で行くことができます。

福岡市内からであれば1時間半少々、都市高と有料の前原道路を使えばもう少し早く到着することも。

 

夜から朝マズメまでは糸島や唐津・呼子方面で釣りして、その後エリアトラウトへ…なんて楽しみ方もできてしまいますね。

使用料金と魚の持ち帰りについて

平之ニジマス釣り堀公園の料金表

料金は上の表の通り、2時間¥1000から1時間毎に¥500増えていきます。

半日券と1日券の違いがよく分かりませんが、小さい池なので短時間でサクッとやるのがよさそうです。

 

釣れたニジマスは持ち帰る事ができ、1kgあたり¥2000ですが、管理人の方に聞いたところ、それに満たない場合はグラムあたりの金額で計算してくれるとのこと。

平之ニジマス釣り堀公園は無人での運営

平之ニジマス釣り堀公園は、基本的に管理人さんが常駐しておらず、無人の状態で運営されています。

料金を支払う場合は、この箱の中から封筒を取り出して…

平之ニジマス釣り堀公園の支払い用の封筒はこの箱の中

封筒に名前と住所、利用時間などを記入して、封筒の中にお金を入れます。(自己申告制…)

平之ニジマス釣り堀公園の支払い用の封筒

お金を入れた封筒はこのポストに入れて支払い終了。

平之ニジマス釣り堀公園の封筒を入れる箱

盗まれたりしないのか少々不安ですが、とりあえずシステムはこんな感じになっています。

営業時間は…ゆる~い感じ

一応営業時間に明確な決まりはないようで、朝の日の出くらいの時間にはチェーンを外しているとのこと。

夏季、冬季などのシーズンで時間は変わるのでしょうが、とりあえず明るくなるくらいが開園時間でそのあたりから釣りができる様子。

 

もし開いてなければ、料金表の下に貼ってある番号に問い合わせると管理人さんが対応してくれるそうです。

平之ニジマス釣り堀公園の問い合わせ電話番号

閉園時間も”17時くらい”とゆる~い感じです。

平之ニジマス釣堀公園のルール

基本的にはレギュレーションなどの表示がない平之ニジマス釣堀公園。

しかし一応管理釣り場なので、それに沿った釣り方を行っていくといいかと思います。

シングルフックのみを使用(トレブルフックの使用は禁止)

カエシの無いバーブレスフックを使用(無い場合はカエシをペンチなどで潰す)

ランディングネットはラバーネットを使用

魚を地面に着けたり、直接手で触らないようにする

ワームを使用しない

餌釣りを行わない

キープした魚は再放流しない

こんなとこでしょうか?とりあえずこのあたりを外さなければ大丈夫そうです。

平之ニジマス釣堀公園の施設について

池自体は非常に小さく、1分もかからないうちに1周できてしまいくらいの大きさ。

平之ニジマス釣り堀公園は小さな池が一つだけ

水はかなり澄んでおり、池の中にはストラクチャーが3つと注水管が2つ設置されています

朝マズメの時間帯が終わり明るくなった佐賀の厳木町にある平之ニジマス公園

横に併設されているのはニジマス達の養殖池で、こちらで育てたものを釣り堀に放流しているようです。

平之ニジマス釣り堀公園のニジマスの養殖池

こちらの扉を開けるとトイレがあり、一応洋式タイプですが案の定汲み取り式(所謂ボットン式)のため臭いがなかなか…事前に済ませておくとよさそうです。

平之ニジマス釣り堀公園のトイレ

水道はこんな感じで、いかにも学校のプール的な雰囲気です。

凍ってしまっている水道

平之ニジマス釣堀公園へ持っていくもの

飲食物

周囲にコンビニもなければ自販機もありません。

さらには飲食店もないので、事前に用意していくのは必須です。

釣り道具と予備フックやルアー

当然貸し竿などはないので、持っていかないと釣りができません。

また、ルアーやフックなどの販売もないので、フックが伸ばされたなどの場合も考えて予備があるとよさそうです。

 

 

ランディングネット(ラバーネット)

こちらもレンタルは行っていないので、持参する必要があります。

魚を傷つけないためにも、ラバー製のネットのタイプを用意。

 

 

持っていくルアー

スプーン、クランクベイトの管釣りの基本となる2種類を重さやカラーを変えて数種類。

 

 

それと管理人の方がよく釣れていたと言われていたのが、「ザクトクラフト/セニョールトルネード」。

 

 

(「何度か投げたら針金みたいなのを指にくるくる巻いていた」と言われていたのでおそらくこれでしょう…)

 

水深は浅い場所は数十cm、深い場所でも1m前後なのでそれに合わせたルアーを準備していくとよさそうです。

平之ニジマス釣堀公園は佐賀・福岡から気軽に行ける管理釣り場

今回行った釣行の様子は「平之ニジマス釣堀公園でエリアトラウトへ初挑戦!」でまとめていますが、まだ情報が少ないせいか休日でも貸切状態でした。

この日は魚を釣り上げる事ができませんでしたが、釣具店の方の話などでは釣れているようなので、単に自分の腕不足だったようです。

 

近くに管理釣り場がないかと探していた、佐賀・福岡の釣り人の方は是非一度お試しを!

 

平之ニジマス釣堀公園の詳細

施設名平之ニジマス釣堀公園
住所 佐賀県唐津市厳木町平之705-1(施設住所が無いため隣の元学校施設の住所)
営業時間日の出〜17時くらい(日によって時間変更あり)
駐車場有り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-その他, 釣り

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.