その他 釣り

アカメ釣りの詳細。実際に118cmを釣ったタックルや釣り方などを詳しく紹介。

更新日:

 

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

先日行ってきました高知へのアカメ遠征。

アカメ118cmをビッグベイトでキャッチ!使用タックルやルアーも解説。浪漫と夢に溢れた幻の怪魚と高知浦戸湾で初遭遇!

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。     アカメ。   日本三大怪魚の1つにもなっており、その魚体の格好良さや希少性、大 ...

続きを見る

船長さんや高知の方と運のお陰により、なんとか77cmを泳がせで、118cmをルアーで釣り上げる事ができました。

そんなアカメ遠征の出発までに1番困ったのが、アカメ釣りに関する情報の少なさ。

どんな道具を使って、どんな場所に行くべきなのかイマイチ最後までパッとせず…。

船長さんや現地に行って釣具屋で情報を集めて、今回やっと納得いく装備を整える事ができました。

 

 

同じような状況のアカメ遠征アングラーは少なくないと思うので、今回の釣行の情報をまとめて書いてみました。

とはいっても今回が初めてのアカメチャレンジで、まだ正直詳しくは理解していない為、同じような初チャレンジの方は参考にどうぞ。

 

長くなりすぎたので釣りに関してと、もう一つ高知遠征で訪れたいスポットも書いていきます。

アカメ釣りのシーズンや場所などの基本的な事に関して

アカメ釣りに適したシーズン

アカメを釣るのに適したシーズンは基本的に夏。

具体的には梅雨明け〜9月頭までで、もっと細かく言うと梅雨明け〜お盆あたりまでがピークとなるようです。

 

では別の時期では釣れないのか?と言われれば、決してそうではなく冬にも釣れるようで、1年中狙うことは可能のようです。

 

ちなみに今回は8月31日・9月1日の日程で、真夏に比べると少し気温も落ち着いてきた時期での釣行でした。

アカメを釣るために向かう場所

高知県でアカメ狙いと言えば、有名なのは浦戸湾と四万十川で、今回訪れたのは浦戸湾。

アカメを狙うポイントについては、ある程度有名な場所は地元の釣具屋で尋ねると教えてくれるかと思います。

 

しかし、汽水域に餌を求めにくるアカメは、浦戸湾の場合は各支流の河口〜湾で狙うことができるので、GoogleEarthで大体のめぼしい場所を見つけておくのがいいでしょうか。

陸っぱりの場合はウェーダーがいるのかな?と思っていましたが、無い場合でも釣りが出来るポイントはいくつかありましたので、ウェーディングは絶対ではないようです。

 

行く前と実際に現地で知ったズレは、「アカメは浦戸湾のどこにでもいる」ということ。

有名な場所でなくても、餌釣りの方と話していたら「この辺に真夏はアカメがウヨウヨいた」と言われていました。

しかし、それが実際の釣果とは直結しないのが難しいところで、潮回り、ベイト、時間帯、ルアーを引く場所等の条件がバシッと一致しないと釣れないそうです。

アカメを狙うのに適した時間帯

警戒心が強く夜行性のアカメは、基本的には夜間の釣行がメイン。

日中でも釣れていますが、圧倒的に夜の方がいいようです…というか暗闇の中に光る赤い目がかっこいい!

これを見ないと!…という理由からも夜の釣行がオススメです。

 

潮回りは干満差が小さくない日の、下げ潮の方が反応がいいとのこと。

ルアー?泳がせ?アカメの釣り方の選択

餌かルアーか、陸っぱりかボートか…。

福岡から高知はアクセスが悪く、そんなに頻繁に行くことできないため、今回はチャンスの可能性を少しでも上げるためボートからの釣りを選択。

 

今回釣行を終えて思ったのは、ボート釣りを選択して良かったということ。

ベテランの船長さんがガイドしてくれるため、釣れる確率が上がるのはもちろん、メーターオーバーのアカメが掛かった時にも安心してランディングができました。

慣れていない上に、1mを超える魚のファイト後の体力と力の強さを考えると、一人では魚と自分に安全なランディングを、とてもじゃないが出来ていなかったと思います。

 

また、ランディング後の魚への配慮ももちろんバッチリ。

写真を撮ってリリースまで、安心してスムーズに行う事ができるのも、アカメ狙いに慣れていない遠征アングラーにとっては大きなメリットです。

エラと体にずっと水を掛けたり、大型の個体へは口にホースを入れてずっと水を流していました。

 

一人で陸っぱりでやっていて、もし魚が掛かってもキャッチまではできたとして、この辺は完璧に出来ていなかっただろうな…。

SWゲームフィッシングマガジンwebのアカメ特集でも初めてのアカメチャレンジにはボートをオススメしてありました)

 

餌かルアーに関しては、やはり餌の方がアカメと出会える確率は高くなります…が、泳がせ釣りの為の餌の確保の方に苦労します。

泳がせの餌にはボラ、シーバス、チヌ(キビレ)などを使用するようで、今回は20cm程のチヌを使用。

(知り合いはティラピアでも釣っていました)

 

ただし、餌でもルアーでも、陸っぱりでもボートでも遭遇率は低く、高知に行ったから、ボートに乗ったから、泳がせ釣りをしたからといっても、簡単に釣れるわけではないのであしからず。

(今回釣り仲間はみんな釣れないと思っていたようです…そりゃそうだ…

アカメ釣りに使ったロッド・リール・ルアーなどの紹介

ボートからアカメを狙った時に使用した道具を紹介していきます。

陸っぱりから狙う予定の方の参考になるかどうかはわかりませんが、とりあえずこんな感じでした。

対アカメ用のルアー達

釣り人的には1番気になるのがこれですね!

アカメ釣りの定番となっているのがエアオグルK-TENブルーオーシャン

今回はエアオグル85SLMK-TENブルーオーシャンBKF140をメインに持っていきました。

 

…と言いたいところなのですが、ブルーオーシャンは高いのでヤフオクやタックルベリーで数百円で手に入るマリア「ザ・ファースト140F」を購入。

あとは大きめのバイブレーションとシンキングペンシル、リップレスミノー、ビッグベイトなどを準備。

 

しかし現地で船長さんから、最近はビッグベイトが調子がいいとの情報が。

結局最後までルアーチェンジを行わず、船からは2日間全てビッグベイト(アヴィキュラ/エックスバスター)を投げていました…しかも途中でヒレが取れたやつ…。

結果釣れたのでOK!!

(一体なんのルアーか分からず、タックルベリーで安かったという理由で、遠征メンバーに選ばれたラッキールアーだけど…)

 

 

あと鉛シールもあると、その日のアカメのレンジに合わせることができるのでオススメです。

ルアーのウェイトの調整をするため、こんな感じでルアーの裏側に貼り付けました。

これでルアーを泳がせるレンジを調整。

水深50cm前後を引いてくると、見事アカメが食ってきてくれました…いろんなラッキーが重なってくれたおかげです。

 

 

 

ロッドはオフショアのシイラロッドとジギングロッドを使用

ルアー釣りの場合

今回ルアー釣りの時に使ったのはこちら。(ドドン!)

当ブログではお馴染み、エイテック…もといアルファタックルの格安ルアーロッド「クレイジー」シリーズの「クレイジーオフショアキャストゲーム」

元々はオフショアのキャステングゲームで、カツオやシイラ、中型青物を狙うロッド。

 

 

 

購入価格は…なんと¥8,208!

(もちろん新品で、実売価格は大体¥8,000〜¥9,000前後)

 

 

乗船した船の船長さんも、「値段の割に作りしっかりしてて、アルファタックルアツいなー(笑)」と言われており、ボートアカメへの用途としては悪くないようです。笑

KガイドやSICリングではなかったりと、削るとこは削っていますが作りはしっかりしています。

今回掛けたアカメ(118cm/25〜28kgクラス)に対しても、しっかりロッドを曲げてやり取りしましたが、余裕はまだもう少しありました。

泳がせ釣りの場合

餌釣りには、同じくクレイジーシリーズの「クレイジージギング」(現行モデルはクレイジージギングシャフト)を使用。

もちろんこちらも購入金額は¥6000(現行モデルは実売¥7,000〜¥8,000)と低価格でありがたや~。

 

 

 

大きすぎるリールはルアー釣りの場合不向き

ルアー釣りの場合

ルアー釣りに使用したのは、中古釣具屋にてボロっとなっていたのを¥3,000で購入し、メンテナンスをしたペンのバトル4000(初代)

サイズ感的にはダイワでいうと3000番(LTシリーズだと4000番?)、シマノだと4000番くらい。

 

船長さんから最初言われた時、少し小さいのでは?と思っていました。

しかし実際釣り場に立ってみると、延々とストラクチャーに向かって一晩中キャストを繰り返すため、これくらいのサイズがちょうどいい感じ。

ファイト中もボディの歪み等は無く、全くリールの事を気にすることなくやり取りできたので、そのへんはさすがペンのリール…。

U・S・A!!

※下のリンクは現行モデルのバトルⅡ

 

 

泳がせ釣りの場合

餌釣りの時には普段オフショアジギングに使っている、テイルウォークのクロシオ43PGを使用。

餌釣りの場合はキャストをすることもないので、リールサイズは大きくても問題なさそうです。

 

※下のリンクは現行モデルのクロシオ43PGX

 

 

使用したメインライン&リーダー

ルアー釣りのタックルは、ペンのバトル4000にPE3号を150mとリーダーにフロロカーボン50lbの組み合わせ。

強度的には問題ないのですが、アカメのラインブレイクの原因の一つは、ヤスリ状の歯でリーダーが擦れて切れてしまうこと。

 

案の定今回118cmのアカメを掛けた時、ルアーが口の中にがっぽりと入っていたこともあり、リーダーは下の写真のように歯で擦れていました…。

あと一回全力で突っ込まれるか口を閉じられていたら、ラインブレイクになっていたのでは?という状態…。。。

ひょえぇぇぇ〜〜…怖すぎぃぃぃ!!

 

 

 

最低でもリーダーは40lb以上で、尚且つルアーがきちんと泳ぐ事やタックルバランスを含めてサイズを決めるといいそうです。

(でもこれ見ちゃうと正直もう少し太くしたくなるな…)

 

 

泳がせ釣りではPE4号、リーダーはフロロカーボン60lbの組み合わせ。

泳がせ釣りで掛けたアカメのサイズは77cmでしたが、それでもやっぱりリーダーはしっかりと擦れています。

泳がせの場合はルアーの泳ぎなど気にしなくていいので、リーダーはもう少し太くても良さそうですね。

 

 

 

アカメのルアー&泳がせ釣りに使ったフック

ルアー釣りの場合

普段使わないルアーということと、アカメを狙うということで…

ちーぷ
適正なフックサイズが全くわからん!!

最後の最後まで悩みの種でしたが、最終的には浦戸湾のアカメ釣りといったらここな釣具屋、フィッシングハヤシさんで相談。

持参したルアーに合ったフックを選んでもらい、言われたとおりに装着。

 

今回アカメが釣れたビッグベイトとザ・ファーストには、カルティバSTX-58#1

エアオグル85SLMには、がまかつトレブル RB H#3を装着。

 

 

 

泳がせ釣りの場合

もちろん餌釣り用のフックも聞いて、スーパームツ30号になりました。

ムツ針を使うのはカンヌキ部分にフッキングさせ、ヤスリ状の歯でリーダーが切れないようにとかなのでしょうか?

(実際カンヌキ部分に針がかりしていました)

 

 

遠征釣行のポイントは…郷に入っては郷に従え最強説!!!

ルアー・餌ともに一切フックに関してのトラブルは無く、魚を上げる事ができました。

 

実際に釣っている方々の経験値に勝るものはありませんね!

アカメのランディングからリリースに関して

ボートの場合はそこまで気にしなくていいのですが、陸っぱりに関してはそうはいきません。

というか一人の場合ここが一番不安だったので、ボートでの釣りを選んだようなもの。

 

魚体を傷つけないように陸に上げる場合は必ず、ブルーシートなどの上に置き、こまめにバケツなどで水を掛ける必要があります。

また、20kgオーバーの個体も普通に掛かる可能性があるアカメの場合、通常のストリンガーだと壊されたりするので、やはり普通のシーバスと同じようなランディングとはいかないようです。

 

ブルーシート、大型魚に対応したフィッシュグリップとプライヤー、頑丈なストリンガーもしくはロープあたりは必須アイテム。

 

人間側も魚側も安全に取り込むために、事前のしっかりとした準備が必要なので、初めてのチャレンジの場合は地元の方や釣具店の方に聞いておく必要があります。

SWゲームフィッシングマガジンwebのアカメ特集も参考になるのでどうぞ。

アカメ釣りのタックルや釣り方の参考に

高知で釣れた118cmのアカメ

行ってもなかなか釣れないが、行かないと釣れないのが遠征釣行。

頻繁に行く機会なんてないので、道具は万全の状態で行きたいのですが、遠征アングラーはそう上手くはいきません。

自分が経験したことしか書けませんが、もし高知に行く場合の参考になれば幸いです。

 

また、高知でアカメ釣りができるのは、こういった経緯があっての結果。

高知へ遠征の際は駐車場や騒音など気をつけ、地元の方とトラブル無くこれからも釣りが出来る環境を維持できるように、マナーの良い釣りを心がけましょう!

 

 

 

 

(「心がけましょう!」とか偉そうな事言ってすみません…)

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-その他, 釣り
-, , , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.