ガジェット 気になる・気に入ったもの

ASUS Chromebook Flip C101PAを購入。この快適さから抜けられない!ブログ書くにも普段使いにもクロームブックの選択肢があっていいじゃないか!

更新日:

3年近く使ったDELL「Chromebook 11」。

ネットサーフィンや動画視聴等には全然問題なかったのですが、最近コンデジを購入してその写真を取り込んだり、加工する時にかなりもたつきが出てくるように。

また、LINEを使っている状態でブラウザのタブを開き過ぎると、ちょっと辛くなってきていました。。。

 

それに加えて、いつもバックバックに入れていろんな場所に持ち歩いていたので、物理的にもネジが数か所取れていたり、SDカードの読み取りの調子もイマイチ。

遂に買い換えを決意し、おふぃすかぶさんのブログを参考に「ASUS Chromebook Flip C101PA」を購入。

(メルカリで日本語キーボードモデルが安く手に入ったのでラッキー!)

C101PAを2ヶ月程使ってみたので、レビューを書いてみました。

 

Chromebookって何なのよ?という方は、以前書いたこちらの記事を参考にどうぞ。

3万以下で買えるノートPC!Chromebookは安い、軽い、早いの三拍子そろった高コスパアイテム!

  どーも!チープです! 先週末の北部九州は爆風で思ったポイントに入れず…       「なんの釣果も!!得られませんでした!!」     ...

続きを見る

早い・安い・軽いと牛丼みたいなPCです。

 C101PAを2ヶ月使ってみての感想

ブログとの相性が良い

これは「ASUS Chromebook Flip C101PA」がというよりも、Chromebookがブログとの相性が非常に良いです。

軽量・コンパクト・立ち上がりが爆速・動作もサクサクというモバイルPCとして非常に優秀なChromebook。

 

「Chromebookってなにもできないんじゃないの?」という印象さえ持たれていたりしますが、(多くの方の)ブログ運営で必要なことである文章作成・画像加工・広告作成など大体の事はサクッとできてしまいます。

(ヘビーな動画・画像編集・その他の特殊な作業はちと苦手)

 

さらに、手持ちのWindows PCは立ち上がりがかなり遅く…PCを開くのが億劫になるのですが、Chromebookは全然面倒くさくならないのも、私のような性格にはありがたい。

充電ポートはUSB Type-C

この部分は最初そんなに気にしていなかったのですが、使っていくうちにC101PAがモバイル端末として優秀と言われるのがひしひしと分かります。

 

スマホとモバイルWi-FiルーターとChromebookが同じ充電器で充電できるんですよ?

素敵じゃないですか!

 

釣り遠征時にもChromebookを持っていっているので、持ち運ぶ物が一つ減るのはありがたい…。

USB Type-C×2に加えて、USB2.0×1も備えており、ユーザーの事を考えてる感があるのも嬉しい。

ちなみに反対は電源ボタンとボリュームボタンのみ。

より一層動きがサクサクへ

この快適さを体験すると、Chromebookから離れられません。

今この記事は実際にC101PAで書いていますが、LINEアプリを開きつつ、タブを15個以上開いてGoogleMusicで音楽聴きながら、画像編集も行っていますがもたつきは一切ありません。

 

以前のChromebook 11だと途中でギブアップしてしまっているような状態。

高スペックなPCであれば問題無いのでしょうが…Chromebookと同価格帯である3〜4万円のスペックのPCではちょっと難しいかも?

Androidアプリが使えるようになった

Chromebook 11だと使えなかったAndroidアプリも、C101PAでは使えるようになっています。

自分のようなライトにデジカメを使って、ライトにブログを書いているような人には、スマホに入れている画像加工アプリがちゃちゃっと扱えて意外と便利。

(といっても殆どの画像は無加工でアップしていますが…)

 

なかでも気に入っているのがSnapseedというアプリ。

Snapseed

Snapseed
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

WEB版がなく、アプリ版のみですがChromebookならもちろんインストール可能。

ポチポチっと簡単な操作で…

これが…

こうなる。

これも…

こうなる。

本格的とはいきませんが、ちょっとした加工が必要な時に便利です。

もっと簡易的なものであれば、Google photo内でも加工可能。

折りたたんでタブレットスタイルへ

ちょっと動画を見る時は折りたたんでテントスタイル。

ブログ記事作成後、最後にモバイル画面のチェックする時はタブレットスタイルへ。

画面はタッチパネルになっており、Androidアプリも使えるため、普通のタブレットと同じ感覚で使うことができます。

以前の記事でChromebookは「タブレットとPCのいいとこ取り」というような感想を書きましたが、C101PAではより一層その感じが強化。

「Chromebook Flip C101PA」のモバイルPC以上、タブレットに近いこの手軽な使い勝手は最高です。

デザインが良い

アルミ製のボデイは格好良く、思わずシールをペタペタと。

届いた初日にこういう事があって…居酒屋村上さんにブリッツのステッカーを頂き、バラマンディのステッカーはポンドさんにて購入。(※バラマンディではなくアカメだったそうです笑)

900gという軽さ!

1kgを切る軽さがとにかく快適!

これは常にChromebookを持ち歩いている自分には大きなポイント。

購入前は「10.1インチは少し小さいかも…」と思っていましたが、今ではこのサイズ感がちょうど良く感じます。

C101PAの不満点

正直満足しているので、大きな不満も無いのですが…あえて挙げるならこの4つ。

どれも事前から分かっていましたし、強いて言うならば…のレベルです。

画面のベゼル幅(液晶の周りの黒い部分)が広い

いろんなブログに書かれていたので、覚悟はしていましたが実際に届いて開いてみると想像以上に広い。

最初は「おぉ…」と感じてしまいましたが、使っていくうちに慣れて今は気にならず。

(慣れって怖い…)

ポート類が全て右側にある

ポート類が全部右側にあるのがちょっと不便。

反対の左側には電源ボタンと音量調整ボタンがあり、2つあるType-Cのポートの内一つが左にあれば充電ケーブルも気にならないんですが…。

(きっとなにかしらの意図があったのかも?)

キーボードのピッチ幅が狭い

10.1インチのサイズ感なので、タイピングが若干窮屈に感じます。

ただしこれも2ヶ月使えば慣れてしまう…慣れ is 最強。

microSDカードスロットの採用

モバイル端末としては正しい選択なのでしょうが、デジカメから画像を取り込む時不便…。

といっても別売りのカードリーダーを使えば解決するので問題なし。

C101PAの個人的な総評!

間違いなく買って良かったと感じるアイテム。

端末重量900gという軽さのC101PAからは、物理的ではない部分も含めて、いろんな面でその軽さを感じることができています。

 

メイン、サブといろんな使い方をされている方がいますが、自分のスタイルとChromebookの特性をよく分かっている方で、コンパクトかつ手頃な価格の使いやすいPCが欲しいという方にはC101PA…なかなかいいのではないでしょうか?

C101PAはこんな方におすすめ

  • ブラウジングと動画視聴がメインの使い方の人
  • 軽くて薄くてサクサク動く安いPCが欲しい人
  • カフェやコワーキングスペースなどでブログ書いている人
  • PCの使用用途が文字書きメインの人
  • 常にPCを持ち運んでいる方
  • Chromebookの特性を理解している方(ここ重要)

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット, 気になる・気に入ったもの
-,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.