ガジェット 気になる・気に入ったもの

Ankerよりオススメな防水Bluetoothスピーカー「Willnorn SoundPlus」がアウトドアと相性抜群!

投稿日:

今年の連休は壱岐のゲストハウスに出撃を予定しており、そこでここ数年ハマっているカヤックフィッシングを企てておりますチープです。

 

そんな時にふと考えました…

 

 

「好きな音楽聴きながらカヤックで海に浮かんで、魚釣りできたら最高じゃないのか…?」

 

 

ということで早速Amazonにて防水スピーカーを探し、良さそうな物をピックアップ。

ポチッと購入し、翌日には到着。

 

ええ世の中やなぁ…。(しんみり)

 アウトドア用の防水Bluetoothスピーカーはどれを買えばいい?

今回の防水Bluetoothスピーカーを選ぶ基準

室内での使用は想定しておらず、カヤックや小型ボートに乗って海の上での使用が目的。

普通のアウトドアシーンとはちょっと異なり、周りに障害物が全く無く、音の反響は殆どゼロなのである程度の出力パワーが欲しいところ。

 

もちろんモノラルではなくステレオ、かつサイズ感はコンパクト。

当然海の上での使用なので防水機能も必須。

 

バッテリーの持ちは、1日中乗るわけでは無いので、そこまで再生時間は気にしません。(先にスマホの充電が無くなりそうだし)

価格は安いは正義派なので、安ければ安いほど良しです。

 

まとめると…

・出力の高いもの

・ステレオタイプ(内蔵スピーカーが1つではなく2つ)

・コンパクトなサイズ感

・防水機能

・ある程度の再生時間

・価格は安ければ安いほど良し

 

こんな感じの基準で今回は選んでいきます。

4種類の防水スピーカーが残る

Anker SoundCore 2

Willnorn SoundPlus 

ToHayie 

TaoTronics

「Willnorn SoundPlus」を選んだ理由

Amazonで大人気のAnkerのSoundCore 2」

レビュー数も物凄く、ネット上にも感想を書いてある記事が多いので、絶対にいいのは間違いないのでしょうが、今回は価格的に選考外へ。(それでも安いのでしょうが…)

 

Anker SoundCore SportAnker SoundCore ポータブルも最初は考えましたが、残念ながら前者はスピーカーが1つしかないモノラルタイプ、後者は防水機能が無いので比較対象までには食い込まず。

 

「ToHayie」「TaoTronics」は両方とも出力が6wと弱くはないですが、標準的な数値。(SoundCore 2は出力が6w✕2wの12w)

 

対して「Willnorn SoundPlus」 は出力が10w(5w✕2)と3000円前後の価格帯にしては高めで、Amazonレビューも低評価が殆ど無く、どれも好意的なレビューです。

再生時間は6時間(最大音量再生時)とそこまで長くはありませんが、低音もしっかり出ているとの感想が多かったのでこれに決定。

 

あといかにもアウトドアなデザインも良さげです。

「Willnorn SoundPlus」のスペックと外観

アウトドアに最適なスペック

・重 量   : 305g

・サ イ ズ : 約横14cm✕高さ6.9cm✕奥行き5.5cm

・充電時間  : 約2−3時間

・再生時間  : 約6時間(100%のボリュームでの再生時)

・防水性能  : IPX6防水性能

・出 力 値 : 10W(5W×2)

・通信方式  : BluetoothVer 4.2+EDR

・最大接続距離: 15m

・対応規格  : Bluetooth、micro SDカード、AUX(有線接続)

・コーデック : SBC

・対応プロファイル: HFP/A2DP/AVRCP

・内蔵マイクあり

外観はゴツめ

注文して翌日の到着。

開封!

本体と説明書とAUX オーディオケーブル、Micro USB 充電ケーブル、カラビナが入っていました。

カラビナは外で使用する時に、何処かにぶら下げれるので重宝しそうです。

本体上部にはスイッチ類。電源とBluetoothボタンと音量ボタンがあり、音量ボタンの長押しで曲のスキップと戻しもできました。

前面?後面?には端子の表記。

ゴムパッキンになっており、開けると対応接続端子部分が出てきます。(AUX、SDカード、microUSBに対応)

有線接続ができるAUX端子入っているのはちょっと嬉しいかも。

充電ケーブルも入っています。

充電している時はこんな感じです。

サイズ感は小さめのスマホ程ですが、厚みがあるのでゴツく感じます。

「Willnorn SoundPlus」使用後レビュー

使用感

写真撮り忘れてしまいましたが、先日船外機付きのレンタルボートでも使用しました。

(画像は別日で撮影したもの)

価格を考えれば大した期待はしていませんでしたが、想像以上に音が良くて満足。

こういうシチュエーションで聞くのには充分過ぎる音質で、音量の方も最大まで上げなくても、通常使用であれば音量が足りないということはまず無いでしょう。

 

音がこもったり、高温がキンキンする、ボリューム上げると音割れする、低音が効いていない、音がスカスカ等の安いスピーカーにありがちな症状は一切ありません。

むしろ低音はしっかり効いており、奥行きのある音が聞けます。

 

カラビナもバックやちょっとしたとこに掛けたりと、なにかと使えそうです。

良かった点

心配していた音の遅延も無し。

端末同士の接続も早く、手間取ってイライラする事もありません。

 

また船の移動の時やスピーカ−を持った時など、本体に衝撃や振動があっても音が飛ぶことも無く、アウトドアというシチュエーション全般で快適に音楽を楽しむことが出来そうです。

操作はスマホからもできますが、簡易的な事であればスピーカー本体でも可能なので、わざわざスマホを取り出す必要もなさそうです。

 

それと以前使っていたBluetoothスピーカーは電源on/offの時、端末同士の接続時に出る音声の大きさがかなり大きく、使用の度にストレスでした。

しかし、こちらはそういったことはなく音声は出ますが、ボリュームは控えめでストレスも感じません。

 

あと後から知ったのですが、マイクも内蔵されているため使用中に着信が入ってもハンズフリーで会話出来るようです。

マイナス点

う~ん…特に思いつかず…。

強いて言えばもう少しコンパクトで軽かったら良かったのですが、ステレオタイプにしては小さい方ですし、軽さも許容範囲なので気にはなりません。

あとは…見た目が男子受けするデザイン1択なのも、人によってはマイナスかも?

アウトドア用防水スピーカーで安い&音質良いのアイテム

金額が金額なので殆ど期待していませんでしたが、今の時代は本当にすごいですね!

もちろんBOSE等の高級機とは比べるのはあれですが、3000円ちょっとでこんなに音質良くて、低音も効いてる上に防水のスピーカーが手に入るなんて思ってもみませんでした。

 

Amazonで「防水スピーカー Bluetooth」で検索するとAnkerシリーズがベストセラーに出てきて、口コミ数も凄まじい数なのでどうしても選んでしまいがちですが、他にも魅力的なアイテムは沢山あり、その中でも今回購入した「Willnorn SoundPlus」はなかなかの物でした。

 

これからの季節に向けて探される方も多いと思いますので、是非購入の時の参考にどうぞ!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット, 気になる・気に入ったもの
-,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.