その他 釣り

ヒラマサとブリの違いを見分けよう!画像を使って分かりやすく解説!

更新日:

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

釣れた魚は美味しく食べたい派のチープです。

 

 

いきなりですが画像の魚はブリでしょうか?それともヒラマサ??

所謂青物御三家(ブリ、ヒラマサ、カンパチ)の中でも、特に判別がつきにくいブリヒラマサ

 

やっと最近パッと見ただけで、違いを見分けられるようになりましたが、ちょっと前まではじっくり確認しないと判別ができませんでした。

(と言っても判別が難しい個体だと、未だに分からない時があったりなかったり…)

 

釣り好きや料理人、魚好き以外の人だと、おそらく判別できないのでは?という程に似ているこの2種。

今回はこのそっくりなブリとヒラマサの見た目の違いと見分け方を、解説していきたいと思います。

(ちなみに画像の魚の正解はヒラマサです)

ブリとヒラマサの違いを見分ける前の予備知識

「ブリ」日本の食卓ではお馴染みの魚

こちらはスーパーや鮮魚店でよく見かけ、家庭の食卓にもよく出てくるので、お馴染みの魚ですね。

 

出世魚なので、大きさによって呼び名が変わっていく魚。

それに加えて、地域によっても呼び名がバラバラなので、一般市民だけでなく釣り人さえも混乱させてしまいます。

ブリ、イナダ、ワラサ、ハマチ、ヤズ、ツバス、メジロ、ワカシ…etc

これらは全部ブリの呼び方で、非常にややこしいです。

 

私が住んでいる地域だと、80cm以上がブリ!とか…、8kg以上がブリであとは全部ヤズ!…と個人で見解が違いますが、とりあえず今回は全てブリで統一。

最大で150cm程になるようで、特に日本海側で採れる寒ブリは脂のノリが尋常では無く、大型の寒ブリの”ブリトロ”は最高ですね!

「ヒラマサ」知名度は低いが高級魚で釣り人憧れの魚

最大で全長250cm・体重96.8kgの記録のあるアジ科最大の大型種。

ヒラマサは漁獲量も少なく、あまり出回らないため知名度の低い魚ですが、味は非常に美味しく、ブリよりも市場価値は高くなる場合が多いです。

 

しかし、人にあげると大体ブリと勘違いされ、ヒラマサと伝えてもちゃんと認識されていない事が多い可哀想な魚。

(どこからか「ブリとは違うのだよ、ブリとは!!」と聞こえてきそうですが…)

 

刺し身は最高で、ブリと比べると脂が少なく上品な味で、寝かせるとねっとりとした旨味がでてきます。

 

一応回遊魚ですが、海底の根や瀬に居付いている事が多く、ブリを上回る強烈な引きとスピードが合わさって、ラインブレイクを多発させる釣り人の好敵手。

釣りの対象として非常に人気が高く、大型のヒラマサを釣るために、遠征をする釣り人も多くいます。

ブリとヒラマサの見分け方を魚体の違いで覚える

体型のシルエットに違いあり

画像で魚体全体を比べて分かるように、ブリの方が丸みを帯びたボテッとした体つきで、ヒラマサはブリと比べるとシャープな体型

 

体の断面図もブリは丸く、ヒラマサは平たくなっており、見慣れると魚体全体の雰囲気で大体見分けがつくようになります。

なんならランディング前に海面付近で姿が見えた時には、どちらかおおよそ分かります。

一番分かりやすい?胸ビレの位置の違い

個人的にはここが一番見分けやすいのではないかと思います。

 

ブリとヒラマサには体の横に側線と言われる黄色い線があり…

ブリ…胸ビレと側線(黄色い線)が離れている

ヒラマサ…胸ビレと側線(黄色い線)が重なっている

 

個体差もありますが、よく見分け方で言われる口元の形状の違いよりも、基本的にはこれで見分けるのがわかりやすいです。

 

写真等で口元が鮮明に写っているアングルは少ないのですが、胸ビレだと写っている場合が多いので、このポイントだと後からも判別可能です。

最も有名な口元の形状の違い

ブリ

ヒラマサ

最も有名な見極めができるポイント。

 

正直最初は「どっちも同じく角張ってない…?」という状態でしたが、数をこなすことで見分け方がつくように。

見慣れれば確かに分かり易いが、そうじゃない場合だと少し分かりにくいかも??

面長なブリとイケメンなヒラマサ(顔の違い)

ブリは顔が長く、ちょっと馬面な感じ…ですね。

 

対して、ヒラマサってイケメンなんです!

もーね、、、面構えがいい!カッコイイですねー!

 

上の画像のヒラマサは、まだまだ2kg程のヒラゴサイズなのでちょっと可愛さが残っていますが、下の画像のもう少し大きい5kg程のヒラマサの顔のアップはお気に入りの一枚。

イケメンな魚!ゴツく、いかつい雰囲気の顔ですね。

 

対してこちらは同じく5kg程の大きさのブリ。

ちょっと優しい雰囲気で、のんびりしてそうな顔つき。(のような気がする)

 

まぁ全然イワシやアジにしてみれば、優しい存在なんかじゃありませんがね。

むしろ喰われるとか怖すぎィィィィィ!!

胸ビレと腹ビレの位置関係の違い

この腹ビレの長さも見分け方やすいポイントです。

ブリ…胸ビレと腹ビレが殆ど同じ長さ

ヒラマサ…胸ビレより腹ビレが長い

 

※画像のブリは手前側の腹ビレがお腹にくっついているので、少し分かりにくくなっています。

尾ビレの形状の違い

尾ビレで見分けられるという情報もありますが、ちょっと難しい??

確かにヒラマサの方が、尾びれが大きく、くぼみの角度も深くなっています。

 

しかし、このポイントだけでの判断は難しいかもしれません。

側線の黄色の濃さでは…判別が難しい??

基本的にはヒラマサの方が、体の横の黄色い線(側線)がハッキリと鮮やかに出ることが多いです。

こちらは黄色い線が綺麗にはっきりと出ていた個体のヒラマサ。

しかし、このようにあまり鮮明に黄色が出ない個体もいます。

反対にブリですが、あまり黄色い線が鮮明では無く、ぼやけている場合が多いです。

しかし、ブリにも黄色い線がハッキリと出ている個体がいます。

どちらも黄色い線が綺麗に出ていますが、この2枚の画像はどちらともブリ。

 

基本的にはヒラマサの方が側線の黄色が濃い場合が多いですが、そうではない場合もあるので判断材料としてはあくまで補助的なものになりそうです。

ブリとヒラマサの違いと見分け方のまとめ

ブリの魚体の特徴

磯際にミノーを通すと食ってきた良型の鰤

体型のシルエットがボテッとしており断面が丸い

胸ビレが側線(黄色い線)から離れている

口元の形状が角張っている

顔が面長

胸ビレと腹ビレが同じ長さ

ヒラマサの魚体の特徴

玄界灘で釣れたヒラマサ

体型が平たくシャープなシルエット

胸ビレが側線(黄色い線)と重なっている

口元の形状が少し丸い

顔がブリに比べて短い

胸ビレより腹ビレが長い

ブリとヒラマサの美味しい旬の時期はいつ?

”寒ブリ”と呼ばれる程冬のブリは美味!

”寒ブリ”とよばれるくらいに、圧倒的に冬の時期が美味しいブリ。

特に日本海側で取れるものは脂のノリがよく、氷見の寒ブリや対馬の寒ブリなどは全国的にも有名です。

 

特に大型になるほど脂のノリがいい傾向にあり、7・8kg以上の寒ブリになってくると、腹部周辺はマグロのトロならぬ”ブリトロ”がたっぷりと取れるため、市場価格も上がり釣り人もここぞとばかりに狙いに行きます。

反対に産卵後や夏の時期は、痩せて脂も少なく生臭かったり虫が付いている場合も多く、釣れてもリリースする釣り人を多く見かけます。

(もちろん美味しい個体もいますが、傾向としてそういう感じの魚が増えます)

 

身には血合いが多く、酸化によって変色や臭いが出やすいのも特徴。

こういった真空パック器を使うと酸化を遅らせる事ができて便利です。

ヒラマサの旬は一般的に夏と言われるが…?

一般的には夏が旬と言われるヒラマサ。

ですが「美味しい時期は?」と聞かれたら、私は素直に”冬”と答えます。

 

基本的に産卵に向けて栄養を溜め込む時期が、魚達は美味しくなる場合が多く、春に産卵期を迎えるヒラマサの場合も同様に、その前の冬の時期が太った個体が多く脂がのっています。

 

ブリとは違い、年間を通して味に大きな変化が無いため、ブリの味が落ちる夏が旬になった(された)とも言われており、たしかに冬以外の時期でもブリのような味の変化が少なく、夏でもヒラマサは美味しく食べることができます。

ただしやはり美味しい時期は冬かなと思います。

 

身はブリと比べて血合いが少なくブリよりも遥かに酸化が遅いため、変色や臭いが出にくく美味しく食べれる時間も長いです。

ブリとヒラマサの違いと見分け方を覚えて釣りに行こう!

姿形が非常に似ており、パッと見ただけでは区別がしにくいブリとヒラマサ。

今回は見た目だけの違いでしたが、切り身にすると身も違うことが分かります。

 

ブリの身は赤みが強い色ですが、ヒラマサは白っぽいピンク色の身。

また刺し身にすると、ブリは血合いの部分が大きく、時間の経過による変色も早いのですが、ヒラマサの方は血合いが小さく、変色もあまりしません。

 

この辺はまた別の機会に書くか、そのうち追記で書いていこうと思います。

「これ釣れたけどどっちだろう?」と思った時は、是非参考にしてみて下さーい!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-その他, 釣り
-,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.