釣り 釣り道具

青物ジギングに使うフックってどれがいい?おすすめのアシストフックはこれ!

更新日:

ジギングに使っているアシストフックは、みなさんどんなものを使っていますか??

 

ジギングを初めてすぐの時は、アシストフックの種類の多さに、「どれを買えばいいの?」状態。

いくつかのフックを使っていくうちに、自分のお気に入りを見つけ、以前よりもバラシを減らした、より良い釣果へとつなげることができてきています。

 

今回は青物ジギングでよく使っている、おすすめのアシストフックを紹介していきます。

「どんなフックを使ったらいいかわからない」という方は、是非参考にしてみてください。

 

ちなみに使用しているフックに関しては、シーバスにしても鯛ラバ、ジギングと殆どの釣りでブログテーマの「安く釣りを楽しむ」ということに、あまりこだわりなく選んでいますのであしからず…。

アシストフックは細軸がおすすめ!

アシストフックは細軸がおすすめ!

なーんて書いてますが、個人的には大体の釣りに、細軸のフックを使用しています。

細軸?太軸?どう違うの??という方もいると思うので、簡単な違いはこちらをどうぞ。

フッキング 軽さ 身切れ 強度
太軸
細軸

項目を解説すると…

フッキング … 単純に針の刺さりやすさで、細い方が刺さりやすい。

軽さ … 太軸だと重量があり魚が吸い込みにくく、細軸だと軽いため、魚が小さい時や活性が低い時でも吸い込みやすく、掛かりが良い。

身切れ … 接触面積が少ない細軸は身切れがしやすく、太軸はそれが広いので、身切れがしにくい。

強度 … 太い方が曲がりにくく折れにくい。

 

どちらを使うかは完全にその人の好みとなりますが、青物ジギングでフックを細軸に絞って使い出してからのほうがキャッチ率が上がっています。

 

今狙っている10kg前後の大きさを超えた獲物になると、なんとも言えませんが、刺さりさえすればあとはやり取りを強引にしなければ、そうそう曲がったり折れたりもありません。

 

まずはしっかりと魚にフックを刺すことが重要なので、細軸を気に入って使っています。

(どちらも長所短所があるので、個人の好みの問題)

おすすめの細軸の青物ジギングアシストフックを紹介

※ 使用するジグのサイズは100~200g前後を想定。

ジガーライト段差 早掛

 

一番オススメは、こちらのアシストフック。

独特のフックの形状で、魚が針に触れたら刺さります…もう無茶苦茶刺さります。

 

掛け重視の通常タイプ(青いパッケージ)とバレにくさを重視したホールドタイプ(赤いパッケージ)があり、どちらもいいのです、が個人的によく使用しているのは通常タイプの方。

青物ジギングには3~5のサイズ。

中型~小型青物には、それ以下のサイズを使用といった具合で。

 

 

 

カツイチ(KATSUICHI) ツインパイク DJ-88

 

使っている方も多いアシストフック。

説明書きにはライトジグ、ショアジギング専用と書いてありますが、オフショアジギングでも多くの方が使われていると思います。

 

こちらもよく刺さり、懐が広いのでジグとの絡まりも少なく、使いやすいのでオススメです。

個人的にはそのままだと、ダブルフックのフック同士の長さが同じ長さになっているので、フック同士の長さを変え、段差をつけて使用しています。

 

こちらの場合は青物ジギングには2~4のサイズ。

小型青物には、それ以下のサイズを使用といったところでしょうか?

 

 

まとめ

釣りは地域性が高くいので、場合によってはシングルフックがいいのかもしれませんし、掛かる魚が大きいポイントでは太軸がいい場合もあります。

一番良いのは乗船する船の船長さんに、確認することをおすすめします。

その中で、自分のスタイルにあったフックを見つける時の、参考にしてみてください。

 

本来アシストフックは、自分の好みの長さに調節できるということや、予算的な部分で自作をしたほうがいいのでしょうが…。

青物の引きに対して、自分の自作フックがまだ信頼できずに、市販品を買っている状態…。

鯛ラバフックと同じ要領なのでしょうが…早く自作フックで釣りができるようになりたい…。。。

関連記事

玄界灘ジギングでヒラマサを釣りたい人は必見の動画。難しい事も高級な道具も必要無いんです。

  年が明けてからは、春のヒラマサシーズン開幕が待ち遠しくてたまらないチープです!   昨年は2月の頭から玄界灘のヒラマサが近場でも数が釣れ始め、荒食いの時期となりました。 初めて ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣り道具
-, ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.