釣り 釣りhow-to

タイラバの結び方。リーダーを切らずに素早く簡単に交換ができて釣果もアップ?

更新日:

 

「チープフィッシングを楽しむ」管理人のアイコン画像

道具にお金をかけるより、たくさんの釣り場に立つことをモットーにしているチープです。

 

タイラバでなかなか魚が口を使ってくれない時、ヘッドの重さや形、スカートのカラー等を状況に合わせて変えていますか?

ヘッドやスカート・ネクタイの交換が、もっとスムーズにいくといいなー思っていたところ、釣り友達から便利なタイラバとリーダーの結び方を教えて貰いました。

 

この結び方なんですが…

めちゃくちゃ簡単な上に交換もスムーズに行えます。

覚えが遅い私でも、1回の説明で覚える事ができるくらい簡単!

 

という事で今回はそんな「リーダーを切らずにタイラバの交換ができる簡単な結び方」を紹介していきます。

今回の内容はこんな方へ

  • タイラバのヘッドやスカートの交換が面倒くさいと感じている方
  • タイラバの簡単な結び方が知りたい方
  • 難しい結び方は覚えられない!という方

タイラバの結び方は簡単!スカートの交換もスムーズに!

タイラバとリーダー結び方の手順の解説動画

タイラバとリーダーを結ぶ動画を撮ってみたので、まずはこちらからどうぞ。

 

どうです??簡単ですよね?

ちーぷ
1回見ればすぐできそう!

動画をさくっと見たあとは、結び方の詳細を画像で詳しく解説していきます。

タイラバとリーダーの結び方の動画の解説

まずはリーダー側の結び目の長さを決めます。魚の頭の振りには30cmもあれば大丈夫かと思います。

Screenshot_20170427-204824

8の字結びを行い、折り返したリーダーの先端を輪っかに2,3回通します。

Screenshot_20170427-204909

これで大きめのループが出来ました。

Screenshot_20170427-204935

ダブルラインになっているリーダーの先端を、タイラバ側のラインのループに通します。

Screenshot_20170427-205023

Screenshot_20170427-205040

Screenshot_20170427-205048

リーダー側にループができるので、その中にタイラバ全体を通します。

Screenshot_20170427-205124

Screenshot_20170427-205143

軽くタイラバを引っ張って締めたら完成です!

Screenshot_20170427-205214

(外れにくくなるのでキツく締めなくて大丈夫です)

ヘッドやスカート・ネクタイの交換などを行うときは、ループの締まっている部分を少し緩めて‥

Screenshot_20170427-205520

Screenshot_20170427-205249

タイラバをリーダー側のループに通して戻すだけ。

Screenshot_20170427-205257

Screenshot_20170427-205315

ちーぷ
めちゃめちゃ簡単で、リーダーを切らなくて交換できるなんて素敵!

これでヘッドやスカート・ネクタイの交換の時間がかなり短縮できるため、タイラバを落とす時間が増えて、魚が釣れる確率もアップ!?

今回のタイラバの結び方のメリット

ヘッドやスカート、フックの交換時にリーダーを切断する必要がないので、交換が簡単に短時間でできる

誰でも1回見れば簡単にできる

リーダーがダブルラインになるため強度がある

ヘッドの移動がスムーズで、鯛が頭を振ってもバレにくくなる

太いリーダーを使っても、ヘッドが移動時に引っかかりにくい

紹介している結び方の特徴をまとめるとこんな感じでしょうか?

とにかく簡単なので、覚えておくと便利です!

タイラバに使うリーダーの選び方

タイラバに使うリーダーの素材

ナイロンとフロロカーボンの選択肢があるかと思います。

特にこだわりがなければ、基本的に使用するのはフロロカーボンで問題ありません。

 

遊動式のタイラバの場合、ヘッドの移動で擦れるせいなのか掛かった魚の魚体のせいか、リーダーがザラついている場合がたまにあります。

少しでも擦れに強いと思い、タイラバのリーダーにはフロロカーボンを使っていますが、ナイロンしか手元になければナイロンもOK。

 

購入する場合はタイラバ専用のリーダーは高いので、こういった船ハリスなどが安価でオススメ。

タイラバに使うリーダーの太さ

メインラインがPE0.6〜1号を使用する事が多いタイラバでは、リーダーの太さは2〜4号(8〜16lb)が一般的。

 

青物が混ざる場合も多いので、タイラバにあまり慣れていないうちはPE1号とリーダー4号(16lb)を使用すれば問題なし。

あまり太いラインは必要ないかと思います。

強度はどうなの?…実釣で80オーバーの真鯛を見事キャッチ!

ちーぷ
この結び方…強度的にはどうなのよ?

という方もいるかとは思いますが、こんな簡単な結び方でも問題なく80アップ上がります。

2018年5/7に玄界灘のタイラバで釣れた83cm/7.1kg。

PE1号とリーダーは16ポンドでした。

ドラグさえしっかり調整すれば、タイラバでの使用に関してはノットの強度に問題はありません。

さらにはタイラバを何度か交換した後も、60cmほどの真鯛も余裕のランディング。

同日に釣れた60アップの真鯛

途中で青物も数本混じりながらですので、強度的には問題なさそうですね。

タイラバの交換をスムーズに行って釣果UP!?

今回紹介した結び方ですが、実は遊動式タイラバの元祖”セブンスライド”の生みの親である、北九州の有名遊漁船「SEVEN」の船長さんも勧めている結び方。

セブンの公式によるタイラバの結び方の解説

※動画内の4分23秒 ~ 5分30秒あたりで解説しています。

 

タイラバ中にアタリがないので、カラーやサイズのローテーションしたいけど面倒くさい‥。

このような方には、かなりオススメできる結び方ですので是非参考にどうぞ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣りhow-to
-, ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.