釣り 釣りhow-to

超簡単なタイラバの結び方。ラインを切らずにヘッドやスカートも交換できて便利すぎ!

更新日:

タイラバでヘッドの重さや形、スカートのカラー等を状況に合わせて変えていますか?

別の同船者がタイラバの色を変えた途端釣れているのを、横で見ているだけになっていませんか?

 

私がまさにそうなんですが‥タイラバを変えるの面倒くさいんですよね‥。。。

ってだから釣れないんですが‥‥。。。

 

 

タイラバの交換が、もっとスムーズにいくといいなー思っていたところ、釣り友達から便利なタイラバとリーダーの結び方を教えて貰いました。

 

 

この教えてもらった結び方なんですが…

めちゃくちゃ簡単な上に交換もスムーズに行える!

‥素晴らしいじゃーないですか!!

 

 

という事で今回は、「ラインを切らずにタイラバの交換ができる、簡単な結び方」を紹介していきます。

今回の内容はこんな方へ

  • タイラバのヘッドの交換が面倒くさいと感じている方
  • タイラバの簡単な結び方が知りたい方
  • 難しい結び方は覚えられない!という方

タイラバの結び方は簡単!しかも交換時にラインの切断は不要!

今回紹介する結び方の特徴

ヘッドやスカート、フックの交換時にラインを切断する必要がないので、交換が簡単に短時間でできる

誰でも1回見れば簡単にできる

ダブルラインになるため強度がある

ヘッドの移動がスムーズで、鯛が頭を振ってもバレにくくなる

太いリーダーを使っても、ヘッドが移動時に引っかかりにくい

今回この記事で紹介する結び方の特徴をまとめるとこんな感じでしょうか?

とにかく簡単なので、覚えておくと便利ですよ!

簡単便利なタイラバの結び方の手順

まずはこちらの動画をどうぞ!

 

どうです??簡単ですよね?

動画をさくっと見たあとは、画像で詳しく解説していきます。

簡単便利なタイラバの結ぶ方の手順動画の解説

まずは長さを決めます。魚の頭の振りには30cmもあれば大丈夫かと思います。

Screenshot_20170427-204824

8の字結びを行います。輪っかに通すのは2,3回でいいでしょう。

Screenshot_20170427-204909

これで大きめのループが出来ました。

Screenshot_20170427-204935

ダブルラインになっているリーダーを、タイラバのループに通します。

Screenshot_20170427-205023

Screenshot_20170427-205040

Screenshot_20170427-205048

リーダー側のループの中に、タイラバを通します。

Screenshot_20170427-205124

Screenshot_20170427-205143

完成です!

Screenshot_20170427-205214

外すときはループを少し緩めて‥

Screenshot_20170427-205520

Screenshot_20170427-205249

先ほど通したタイラバを戻すだけ。

Screenshot_20170427-205257

Screenshot_20170427-205315

簡単ですね!!

これで交換の時間がかなり短縮でき、タイラバを落とす時間が増えて、魚が釣れる確率もアップ!??

タイラバに使うリーダーの選び方

タイラバに使うリーダーの素材

ナイロン派とフロロカーボン派があるかと思います。

特にこだわりがなければ、基本的に使用するのはフロロカーボンで問題ありません。

 

タイラバのヘッドで擦れるせいなのか掛かった魚の魚体のせいか、リーダーがザラついている場合がたまにあります。

少しでも擦れに強いと思い、タイラバのリーダーにはフロロカーボンを使っていますが、ナイロンしか手元になければナイロンでも大丈夫かと思います。

タイラバに使うリーダーの太さ

メインラインがPE0.6〜1号を使用する事が多いタイラバでは、リーダーの太さは2号〜4号(8〜16lb)が一般的。

 

青物が混ざる場合も多いので、タイラバにあまり慣れていないうちはPE1号とリーダー4号(16lb)を使用すれば問題なし。

あまり太いラインは必要ないかと思います。

タイラバとラインの簡単な結び方のまとめ

今回紹介した結び方ですが、実はセブンスライドの生みの親の遊漁船「SEVEN」の船長さんも勧めている結び方。

 

セブンが出している海士(セブンオリジナルの遊動式インチク)にも、同じ結び方で使えます。

セブンの公式によるタイラバの結び方の解説

※動画内の4分23秒 ~ 5分30秒あたりで解説。

 

大物が掛かっても、タイラバではある程度ドラグを緩めに設定しているため、ラインブレイクの心配もそこまでありません。

 

鯛ラバ中にアタリがないので、カラーやサイズのローテーションしたいけど面倒くさい‥。

このような方には、かなりオススメできる結び方ですので、是非試してみて下さい!

※追記 2018/5/7 80オーバーの大鯛をキャッチ!

「この結び方…強度的にはどうなの?」という方もいるかとは思いますが、この結び方で問題なく80アップ上がります。

83cm/7.1kg

PE1号とリーダーは16ポンドでした。

ドラグさえしっかり調整すれば、鯛ラバでの使用に関しては強度に問題はありません。

 

さらには鯛ラバを何度か交換しても、多少強度は落ちるかもしれませんが、鯛ラバで使用するには充分な強度。

同日に釣った60cmほどの真鯛も余裕のランディング。

途中で青物も数本混じりながらですので、強度的には問題なさそうですね。

タイラバするにはこの結び方が簡単でオススメです。

 

 

関連記事

鯛ラバフックは自作しよう!作り方と意外と知らない注意点を解説。

鯛ラバのバラシが激減!簡単に3本針に出来るセブン「ジャンプパーツ」がおすすめ!

これでバラしも激減!鯛ラバのフックについて。おすすめのフックはこれ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣りhow-to
-, ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2019 All Rights Reserved.