気になる・気に入ったもの 食べ物

魚を捌く時に出刃包丁に変えたら無茶苦茶捗る!しかも意外とお手頃価格なのね。

更新日:

dsc_0010

皆さん魚を捌く時ってどんな包丁使っていますか??

私は以前、家庭用の万能包丁を使っておりました。

最初はステンレスのタイプで切れにくかったので、その後は鋼のタイプ。

 

確かに切れやすくはなりましたが、魚が大きくなると骨を断つときに刃が欠けてしまい「う~ん」といった状態…。

そうこうしているうちに友人から誕生日のプレゼントでなんと出刃包丁と砥石をもらって、使っていたのですが‥

 

 

めっちゃ切りやすい!!

(もっと早く使っておくべきだった‥)

 

 

ということだったので今回は出刃包丁のメリットとデメリット、選ぶ際の注意点とオススメの包丁を書いていきます。

魚を捌くことに特化した包丁「出刃包丁」のメリット

刃の頑丈さ

まずはなんといっても硬い魚の骨を切る時も刃こぼれしない頑丈さです。

刃が片刃でなおかつ硬く、重いのは魚の骨を切っても負けないため。

硬い背骨はもちろん、兜割りもできますので、あら煮の時に大活躍です。

(ちなみに背骨は骨同士の関節部分に、 太刀を入れると簡単に切れます)

刃先の形状

刃先が尖っているので魚の体に切り込みが入れやすく、三枚おろしがしやすいです。

ついでに背骨の関節にも太刀を入れやすく、魚が大きくなっても頭を落とし易い。

片刃であること

上で片刃であるから魚の骨に負けないと書きましたが、これは片刃のため切れ味を保ちながら刃の厚さが保てるためです。

両刃になると、切れ味を出すために刃の厚さがどうしても薄くなってしまうため、切る対象が硬いと刃が負けてしまいます。

また、片刃だと研ぎやすいので手入れも楽です。

「出刃包丁」のデメリット

大きくて重い

これはもう形状的に仕方がないですね。。。

男性なら問題ないのですが、女性が使うとなると少し大変ですね。

手入れが必要

ステンレス製なら問題ないのですが、出刃包丁は鋼のほうを選ぶことが多いと思います。

そうなると錆も出ますし、頑丈な出刃包丁でも使い続ければ刃こぼれをします。

そのままだと切れ味も悪くなり、食材の見た目も味も悪くなります。

左利き用は少なく、価格も高い

両刃だと問題ありませんが、片刃だと利き手が限られてきます。

基本的には右利き用の物がほとんどになり、左利き用の物もありますが、種類は少なく、価格も右利き用に比べて少し割高です。

家庭用の出刃包丁を選ぶポイント

材質は鋼??ステンレス??

鋼の特徴

・切れ味抜群。

・研ぎやすいので、切れ味の持続性が優れる。

・ステンレスより安い。

・刃こぼれしやすく、錆もでるので手入れが必須となります。

アルミの特徴

・切れ味は鋼には劣る。(同じくらいいいものも中にはある)

・刃こぼれが殆ど無く、錆びにくいので殆ど手入れが楽。

・手入れが楽でも、使っていれば手入れは必要です。が、、、刃が硬いため研ぎにくく手入れがしにくい。

 

こんな感じでしょうか?

手入れが面倒であればステンレス製がいいのかもしれませんが、慣れればそんなに難しくないのと簡単な手入れを行えば安物でも長期間切れ味を維持できるので鋼をお勧めします。

(あと鋼の包丁を使っているってなんか格好いい‥という単純な理由も…)

捌く魚のサイズで変えよう!本出刃?中出刃?小出刃?

大きさは基本的に3種類に分けられます。

 

大きい魚も捌きやすい本出刃包丁。
大きさ自体は本出刃包丁と変わらないが薄く、軽い中出刃包丁。
小型の魚を捌くのに適した小出刃包丁。

 

こちらは自分が釣る魚の対象サイズで決めましょう!

青物やシーバスが多い私は、中型の本出刃包丁を使っていますが、家庭用であれば中出刃包丁でもいいかもしれません。

包丁の切れ味を維持していくには手入れが必須。

まず使用後は鱗や汚れが残らないように綺麗に洗います。

洗った後は、すぐに乾いた布巾やキッチンペーパー等で水気を完全に取りましょう。

 

その後は、サラダ油を軽く刃に塗り錆を防ぎ、新聞紙にくるんで保管。

(但し、サラダ油は長期保存に向かないのでその場合は専用の油を使います。)

刃こぼれした場合は、砥石で研がないといけないので、鋼の包丁を購入する場合は、砥石とのセットをお勧めします。

オススメの包丁と砥石

本出刃包丁。

こちらの150mmを使って、70cmの青物、ヒラメ、〜40cm程の根魚、その他シーバス、鯵、鯛などいろいろ捌いていますが、大きすぎず、小さくもなくちょうどいい感じの使用感で、かなり凡庸性のあるサイズ。

 

価格は手頃ですが、口コミ評価もよく、実際に使っていても切れ味良好で満足しています。

ただ、やはり本出刃包丁なのでそれなりの重さはあります。

 

こちらの砥石、両面で砥石の粗さが違います。

通常使用にかんしては中砥石、刃こぼれした場合等の時には荒砥石と使い分けが一台でできるのでお得です。

また、砥石台もついてこれがまた滑りにくく、かなり安定しています。(下に布等を敷く必要もありません)

出刃包丁の選び方まとめ

dsc_0018

今回魚を捌くときに使っている包丁と砥石を紹介しましたが、友人が買う前に包丁と砥石について入念に調べてくれたおかげで両方ともかなり使いやすいです。

いままで、家庭用の万能包丁で魚と闘っていましたが、、、便利なものってもっと早く使うべきですね‥。。。

おかげで捌く時間も短くなりましたし、見かけも綺麗に捌く事ができるようになりました。

万能包丁を使って魚を捌いているのであれば、出刃包丁かなりおすすめですよー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-気になる・気に入ったもの, 食べ物
-,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.