釣り 釣りhow-to

陸から釣れる日本最大級の大物!宮崎の巨大魚オオニベを釣るには?

更新日:

dsc_2663-1

今年も冬になりました、、、、

去年の事を思い出し、悔しい思いを抱えて今年も再チャレンジしてきます!

 

宮崎オオニベ釣行!!

(予定)

 

といっても昨シーズンから始めたオオニベチャレンジ。

仕事を無理やり絡めトータル3回のチャレンジでしたが‥

結果は、、、

 

 

1バイトノーフィッシュ!!

 

 

初回の下見程度の時にかなり重量感のある何かがヒットしましたが、見事にバラしその後は当たりすらないまま終了となりました。

(エイかヒラメだったのでしょう‥きっと‥)

 

昨年は暖かかった為、水温が下がりきらずベイトが少なかったのと、オオニベのポイントとなる砂浜の工事があっており水に濁りが入っているため全体的に釣果はかなり厳しい状況だったようです。

それでも魚は上がっており、目の前でも他の方がオオニベ(サイズ的には60cmくらいの小ニベ??)を上げていました。

 

今シーズンも年末年始でチャレンジ予定のオオニベ釣行。

必要な装備や釣り方をまとめてみました。

宮崎の巨大魚オオニベを釣るには??

オオニベはどんな魚??

まずオオニベというのは1m前後、大きいものだと1.5〜2m程にもなる大型の魚でグチの仲間です。

肉食性の魚で、小魚や甲殻類を食べます。(現地の釣り人曰くけっこう雑食な感じらしいです)

 

普段は深場にいるので陸からは狙えませんが、冬の11月末から2月頭くらいにかけて産卵の為、浅場に上がってきます。

宮崎の砂浜が最も魚影が濃いので「オオニベをサーフで釣る」=「宮崎のサーフで釣る」ということになっています。

(他の地域でも上がらないことはないようですが、たまたま上がったという感じでやっぱり狙って釣るには宮崎のサーフに行くのが一番です)

 

船釣りであれば宮崎、大分等で上がっているようですが、やっぱり一度はサーフから上げたい魚です。

オオニベ釣りの装備

ロッド:9〜11ftのシーバスタックル

リール:シマノで3000〜4000番、ダイワなら2500〜3000番程。

ライン:PE1号〜2号(1.2〜1.5号を使っている方が多いようです)

リーダー:7号〜12号(25〜40lb)

タックル周りはこんな感じでしょうか。

 

必須アイテム

ウェーダー(サーフでの釣りになるため)

ウェーディングベスト(安全性はもちろん移動が多く、荷物を最小限にするためと)

プライヤー、フィッシュグリップ

 

でも一番大切なのはサーフで全く魚からの反応が無くても折れない心

昨年は12/29〜1/2の間ずっと投げっぱなしでしたが一切魚からの反応は無しでした。。。。

(現地の人が言うには「オオニベ釣りは宝くじみたいなもん!」だそうです)

オオニベの食べているベイト

普通にアジやイワシ等も食べているようですが、一番条件が良い時はグチが入っている時。

このグチを餌釣り師がよく上げていたり、ルアーを引いている時に掛かっているくらい魚影が濃いとチャンスです。

(グチもオオニベも同族なのですが、自然って面白いですよね。)

dsc_2411

あとはヒイラギなんかもよくかかりこれもベイトになっているようです。

dsc_2753-1

オオニベ釣りのルアー

少し前まではミノーがよく使われていたらしいですが、最近はメタルジグ、メタルバイブ、バイブレーションがよく使われているようです。

dsc_2412

実際に昨シーズン私が行った時も多くの人がメタルジグとメタルバイブを使用。

なんとバンジーショットで立て続けに3本取った人もいるとか‥。。。

 

とにかく飛距離が重要になってくるようで、沖のブレイクの中にいるのでそこを狙ったり、沖から入って来る時もいち早くルアーを見つけてもらうようにするためのようです。

あとはヒラメ狙いなのか、ヒラメのついでにオオニベ掛かれば‥どちらかは分かりませんが、ビーチウォーカーハウルを使っている方もよく見ました。

オオニベ釣りのポイント

あまりここでは書けませんが、宮崎市内の釣具屋さんに行けば教えてくれると思います。

宮崎市内から車で20〜30分の範囲でポイントはいくつもありますよー。

 

とにかく広いサーフと最新のベイトとオオニベの回遊状況次第です。

オオニベはベイトについていますので、ベイトの回遊のあるサーフに入りましょう。

まとめ

国内の陸から狙えるターゲットでは最大級のサイズになるオオニベ。

しかもサーフなので走らせる分には問題なく、シーバスタックルで狙えてしまうのも魅力の一つ。

真冬の広大なサーフに全国から集まるたくさんの釣り人が入る光景も圧巻です。

 

また、外道もどれも魅力的で昨年は知り合いが72cmのヒラメ、すれ違った釣り人が70cmは越えてたであろう真鯛を引きずって歩いており、他にもマゴチ、スズキ、ヒラスズキも掛かるようです。

 

宮崎サーフのポテンシャルの高さよ‥素晴らしいじゃないか!!!

 

 

ただし!

 

 

現在オオニベの狙えるサーフのポイントでは工事が行われており、いくつも立ち入り禁止の区域があったり、重機の出入りもあっています。

そういったとこで釣りをすると、危険なのと今後サーフに釣り人が入れなく可能性もありますのでポイント選びは気をつけて行いましょう。

ルール守って是非オオニベ釣りにチャレンジしてみては?

私も年末年始で再チャレンジに行きまーす!!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣りhow-to
-, ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.