釣り 釣り道具

これでバラしも激減!鯛ラバのフックについて。おすすめのフックはこれ!

更新日:

前回に引き続き鯛ラバネタです。

まず今回の記事でとにかく言いたいことは‥

 

鯛ラバはフックが一番重要!!

 

 

釣果を上げたい、バラシを減らしたいのならフックを見直す事が一番近道かもしれません。

 

正直最初は自分自身もあまりこだわっていませんでしたが、いつも乗る船の船長さんに言われてフックを変えたら明らかに違いが出ましてねぇ…。。。

で、、、今回はその鯛ラバのフックの重要性とおすすめのフックを紹介していきます。

 

初心者の方でも簡単にできるので、是非参考にして下さい。

鯛ラバのバレを防ぐには?フックの重要性について

鯛ラバはとってもバレやすい

鯛ラバは非常にバレが多い釣り方。

以前は鯛ラバのヘッド部分が固定されていたため、鯛が頭を振った時にその重さでよく針が外れていました。

 

そこで、遊動式の鯛ラバが登場。

ヘッド部分が動くことで、鯛が頭を振っても違和感を感じにくく、バレが減りました。

といっても、基本的に鯛ラバはバレが多い釣りには変わりません。

鯛が鯛ラバへどのように食いついて来るか??

餌釣りだとしっかり食いつき、針がかりをするのでしょうが、鯛ラバだと鯛はじゃれつくようにアタックして来ます。

なのでこのじゃれついて来るときにしっかり針が掛かればいいのですが、鯛の口は堅く、頭を振るのでなかなか綺麗にフッキングしません。

 

この動画がとっても参考になります。

まさにじゃれつくようにバイトしてきているのがよくわかります。

フックを変えれば変わるのか?

もしこれを見ている方が、フックにあまり気を使っていない方であれば大きく変わります。

 

食いつかずに、じゃれつくようにアタックしてくる鯛に対してサクッと針を掛け、頭を振っても針がしっかりと刺さっていればバレません。

もちろん10バイト10キャッチとはいきませんが、刺さりの良い針で針先がビンビンの物を使用すると、フッキング率は上がります。

どんなフックを使うのか?オススメのフックは??

具体的にはどう変えるの?

フックは細軸を使用。

細軸のフックの方がじゃれつくような繊細なアタリでも、太軸のフックよりしっかり深く刺さります。

(もちろん針先が甘いものはNG)

 

次によく刺さるフックを使うこと。

こんなん当然でしょうと思いますが、市販されているものでも、よく刺さるフックとそうでないフックがあります。

メーカーや物によって違いがあるので、気に入るフックを見つけましょう。

また、針先が甘くなると刺さりにくいので、魚をかけた後はこまめに針をチェックする習慣も大切。

 

そして、強度があること。

細軸と書いといて!‥と思うかもしれませんが、細軸でなおかつ大鯛や青物が掛かっても折れない、伸ばされない強度があるものにします。

全部の条件を満たすフックがこれ!鯛ラバには最高のフック!!

 

やっぱりがまかつ製のフックはいいですね。

鯛ラバの超有名遊漁船の「セブン」の宮崎船長が「がまかつ」に作ってもらった鯛ラバの専用針とのこと。

細軸でありながら、大鯛、青物にも負けない強度。

サクッと刺さる針先。

 

触ると分かりますが、びっくりするくらい針先が鋭く、滅茶苦茶刺さります。

(初めて針先触った時、感動して声が出ましたww)

一緒に鯛ラバやっていた知人が、アタリはあるがフッキングしないという場面で、この針を貸したところ途端にフッキングするようになり驚いていました。

 

このフックを使い始めて、鯛ラバでのキャッチ率が上がり、今ではこの針しか使っていません。

主にLサイズを使っていますが、Mサイズも状況に合わせて使用。

これに、シーハンターの8号を合わせればバッチリです!

 まとめ

鯛ラバだけでなく、魚を釣るという行為の中で、魚との唯一の接点となるフック。

渋い時、1回の当たりが重要な時こそフックが良ければ、しっかりと魚をキャッチできる率が上がり、釣果につながります。

 

自作はなんか心配‥という人でもサーベルポイントのフックにアシストラインが付いて、そのまますぐに使用できる物もあります。

今まで、フックはあまり気にしていなかった方も一度変えてみてはいかがでしょうか?

 

その違いは明確です!!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣り道具
-, , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.