釣り 釣行記

玄界灘ジギングにて太刀魚、シイラ!!そして‥大型ヒラマサ!

更新日:

最近福岡、長崎、佐賀の九州北部でアジが好調に伴いアジングにハマっています!

先週土曜日も唐津一文字波止に再度行き、アジングやって来ました。

‥が!!アジは皆釣れるも、一緒に行った友人二人の内一人は37cmのデカアジ、もう一人は帰りに寄ったポイントにて42cmのキビレを釣り上げ自分のみ目立った釣果もなく撃沈‥orz

1人悔しさを抱え翌日のオフショア釣行に期待します。

 

が!!!

やっちまいました‥まさかの寝坊‥orz

なんとか急いで準備し間に合い?無事に?出港!!

玄界灘は夢がある!ついに大型ヒラマサに遭遇??

当日の状況

潮  :小潮

干潮 : 6:46

満潮 : 12:39

釣行時間 :5:00 ~ 15:00

能古島周辺は太刀魚の数釣りが好調

今日は知り合いの船にて、自分達の操船で釣行です。

早朝よりシーズン最盛期の太刀魚を狙います。

能古島北部を流しておけば取れますよとの事前情報の通り、他の船が固まっているとこから外れていても適当にシャクっていれば大きさはバラバラですがポツポツと当たります。

水深は20m程で使用ルアーはダイソーのメタルジグ。

通常メーカーのジグを使ってた人もいましたが、釣果は変わらず後半は全員ロストを恐れてダイソージグを使用。

ただダイソージグのフックは甘いので、フックだけは交換必須です。

 

「あたったー!」「のらないー!」「切られたー!」等と船上賑やかに太刀魚を追加していき、1時間30分程で1人平均して3、4本程。

粘れば取れますが数釣りができる感じではないので、潮止まりのタイミングで沖に移動。

FB_IMG_1468405426538

シイラが回遊中!何を投げても釣れる素直な奴。

事前情報では小呂島手前のポイントが調子がいいと聞いたのでひとっ走り!

ポイントに着くと鯛ラバ、メタルジグに分かれてやっていきます。

早速鯛ラバの二人にヒット!それぞれ良型と小さめのアラカブがあがります。

根魚数釣りか?と思いますがその後続かず、ボトムノックも行いますが反応は得られません。

 

数回流したところで沖に鳥山を発見し、向かいますが着いた頃には既に終わっており鳥は休憩中。

しかし、魚のウロコが散らばっており魚探に反応はありませんが、少しだけメタルジグを落としてみることに。

すると…

 

何かがチェイスしてきた!??

 

 

ヤズか?でもなんか違う…

おー!シイラだ!(ペンペンだけど…)

ということでペンペンシイラ祭り。

 

船の周りをずっとウロウロしており、落としたジグを見つけるとその付近に一気に集まり、ジグの早引きやジャークでスイッチを入れて数釣りを楽しみます。

30分程でこんな感じに食べるには充分釣れました。粘ればまだまだ取れますが、食べきれないのでこの辺りで切り上げます。

FB_IMG_1468405435055

遂に…玄界灘の大型ヒラマサが!??

十分楽しんだ後は先程のポイントに戻りベイトの反応を見ながら流します。

ここで一人がベイトの正体を調べるために、サビキを落とすと豆アジとネンブツダイが付く。

150gのジグを使用していましたが、軽いジグでも底が取れそうなので、豆アジのサイズに合わせての80gに変更。

 

これが正解でした。

 

魚探にいい感じのベイトの反応が中層に出てきて、ちょうどその辺りを通したとこで…

「ドンッ!!」

「よし!乗っ…」

「ジーーーーーーーーーーーー!!」

「うおぉぉおーー!止まんねー!」ドラグが一気に出されていきます!

 

めちゃくちゃ焦って慌てて巻こうとしますが、ジギング歴の長い知人にゆっくりするよう声を掛けられ落ち着く。(後から思えば底はフラットでした)

止まって少し巻いては走られ…また巻いて…走られ…を何度も繰り返し、やっとまともに勝負開始。

それでも時々強烈な突っ込みがありその度にドラグが何度も「ジーーーーー!」と出されます。

 

下に突っ込むのでヒラマサか?しかもサイズも良さそう?と興奮しつつも、バラさないように慎重にやり取りをします。

 

10分程の格闘の後、やっと魚体の影がぼんやり見えてきました。

「おー!青物だ!……なかなかいいサイズのヒラマサ…ってあれ?これデカすぎない…?」

 

「うおぉぉぉおーーー!!でけーーーー!!」

 

と上がってきたのは明らかにメーターオーバーのヒラマサ。

DSC_3852

港に帰ってからの血抜き後の計測では116cm/10.5kg

1468143324119

ちなみに使用していたジグはこれ。

元々ピンクですが塗装が剥げて今はシルバーです。塗装が剥げてからの方が魚を連れて来てくれている気がする…。

10kgオーバーのヒラマサも上げれる格安装備

今回10kgオーバーのヒラマサを上げたのはジギングの装備としてはかなり安めの装備。

ジギングの装備は高いから…と敬遠している人達には是非参考にしてみてください。

◯タックル(プロマリン CB ジグトライサー 602MH
 ◯リール(tailwalk クロシオ KUROSHIO 43PG
○ライン(GOSEN  剛戦ジギング 8BRAID 300m 55lb(4号)

まとめ

今回は高価な装備でなくてもヒラマサの10kgオーバーを上げる事が出来ました!

しかし、底付近で根の荒いとこで掛かればまたそれはそれでわかりません。

ちゃんとバランスのあったタックルを使っておけばもっとドラグは絞めれたので、走るのももう少し止めれたか‥な??

 

それと今回は自分の操船で、自分でポイントに着けて釣り上げたのがすごく大きい。船は知り合いの所有物ですが…)

シーバスの方はさっぱりだったので、もっと流し方も勉強していかなければと反省。

どこかに船の流し方の本とかないのかな??

追記(2016/7/15)

今回使用したチープタックルの詳細

2万円代で揃えるオフショアジギング初心者におすすめの格安装備!

オフショアジギングは楽しい! 青物の引きはやみつきになるし、根魚、鯛、フラットフィッシュ、太刀魚、シーバス…等など何でも釣れてしまいます! 特にこの釣りの一番の魅力は「ガツンッ!」というアタリからの強 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣行記
-, , , , , , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.