釣り 釣り道具

圧倒的なコスパ!オススメの青物ジギングのリーダーと選び方について。

更新日:

みなさんジギングの時に使用するリーダーはどんなものを使っていますか??

各社からジギング専用のリーダーが出ていますが、どれも安くはありません。

ですが専用でなくてもジギングでしっかり使うことができ、値段も安く済ませる事ができるモノがあるので今回はそれを紹介。

ジギングのリーダーについて

なぜリーダーが必要なのか?

なぜリーダーを付けるかというとそれぞれのラインの特徴に違いがあるため。

釣り初心者必見!PE、フロロ、ナイロンそれぞれのラインの種類の違いまとめ!

最近あんまり釣果が上がっておりません! こんばんは!管理人のチープです!   釣りを始めたばかりの時って道具を選ぶ際に何を選んでいいのかわからない…となったのは皆さん通ってきた道。 リールを ...

続きを見る

 

PEライン‥伸びが少なく引張強度もあるが、擦れに弱い

フロロカーボンライン‥擦れに強いが、硬く扱いにくい

ナイロンライン‥伸びがあるが、劣化しやすい

 

ジギングの時はメインで巻くのはPEライン。

理由は引張強度が強く、感度も高いため。

しかし、上の特徴からPEラインだけだと魚の歯や顔に当たった時、または根にスレた時にラインブレイクに原因になります。

そこで、他の特徴を持つフロロやナイロンでその弱点を補完。

要するにPEラインの長所を保ったまま、弱点を他の特徴を持ったラインでカバーできるからです。

 

そして、ジギングのリーダーはナイロンとフロロカーボンの選択になりますが、大抵の方はフロロカーボンを使っているかと思います。

ジギングで釣れる魚のヒラマサ、カンパチ、根魚等はヒットすると根に入り込む習性があるため、根ズレに強いフロロカーボンラインを選択が基本となります。

リーダーの太さの選び方

基本的に選び方としてはメインラインとなるPEラインの3~4倍の号数をつけるのが目安と言われる。

なのでメインのPEに4号を選んでいるとすれば、リーダーは12~16号前後(40~55lb程)

(各条件によって違いは出てくるのであくまで目安。)

長さとしては人によって好みがありますが、大体2ヒロ(約3m程)程が目安になってきます。(こちらも状況で違いあり)

オススメの安いジギングリーダー

最初にも言ったとおりある程度の太さが必要になってくるジギングではリーダーも高くなってきます。

自分は14号を使っていますが、50m程で¥2000~ぐらいかと思います。

しかし、よく乗る船の船長さんから聞いたのですが別にジギング専用である必要はなく、「船ハリス」がおすすめですよとのこと。

 

これはフロロカーボンなのはもちろんのこと、量が大体が100m程巻いてある上に、値段も安売りとかだと¥1900前後になる時もあります。

毎回リーダーは交換するので、消耗品であることを考えるとこれはありがたいですね!

単純計算で2ヒロの長さをとっても40回も使えてしまいます!

値段により硬さや耐久性は変わってきますが、フロロカーボンでは硬いのが当然だし毎回システムを組み直すなら耐久性はそこまで気になりません。

ということで、今ではこっちの「船ハリス」を使用しています。

まとめ

消耗品のリーダーは釣果や使用感をそこまで変えずにこれでけっこうコストを下げることができると思います!

普通のシーバスや鯛ラバ、その他の釣りでもリーダーはこっちに変えていこうと思っています!是非試してみては??

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-釣り, 釣り道具
-, , , ,

Copyright© チープフィッシングを楽しむ , 2018 All Rights Reserved.